相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺産の競売と相続税

遺産の競売と相続税

相続する遺産が競売にかけられている場合、それに係る相続税はどのように課税されるのでしょうか?

相続する不動産などがあるものの、被相続人の持っていた債務の代償としてそれらが競売にかけられていたら、相続人が手にする財産とそれに係る相続税はどのようになってくるのかというお話です。

まず、競売に掛けられた不動産は当然ですが相続人の物にはなりません。

売却した代金をもって、被相続人の債務を返済しますので、その上で売却して得た代金が余るようなことになれば、それを相続人が取得することは可能です。

そしてその代金に相続税が課税されることになるでしょう。しかし、多くの場合は全ての代金が債務の弁済にあてられてしまうため、相続人が高額の相続税を支払わなくてはならない程の金銭を取得するというケースはまれです。

こういったケースが発生した場合には、税理士などの専門家の手助けのもとで手続きを行うのが好ましいかと思われます。まずは無料相談などを利用してみるのも良いかも知れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

被相続人が準備なく亡くなり繁雑な処理が多く残された中で手続きを引き受けて頂いたのですが、 書類の整理、私共への説明等それぞれに丁寧な対処をして頂き非常に助かりました。 おかげ様で遅滞なく税申告を終えられました。ありがとうございました。

親切、丁寧に説明していただき大変わかりやすく有難うございました。 吉原様、田上様によろしくお伝え下さい。

主人を失った後、相続に関する手続きは複雑なだけでなく、 精神的にも負担が大きく、ストレスもかなりのものでした。 チェスターさんの方では業務を進めながら折り折り、今後の見通しもお伝え下さり、とても安心できました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る