相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺産の競売と相続税

遺産の競売と相続税

相続する遺産が競売にかけられている場合、それに係る相続税はどのように課税されるのでしょうか?

相続する不動産などがあるものの、被相続人の持っていた債務の代償としてそれらが競売にかけられていたら、相続人が手にする財産とそれに係る相続税はどのようになってくるのかというお話です。

まず、競売に掛けられた不動産は当然ですが相続人の物にはなりません。

売却した代金をもって、被相続人の債務を返済しますので、その上で売却して得た代金が余るようなことになれば、それを相続人が取得することは可能です。

そしてその代金に相続税が課税されることになるでしょう。しかし、多くの場合は全ての代金が債務の弁済にあてられてしまうため、相続人が高額の相続税を支払わなくてはならない程の金銭を取得するというケースはまれです。

こういったケースが発生した場合には、税理士などの専門家の手助けのもとで手続きを行うのが好ましいかと思われます。まずは無料相談などを利用してみるのも良いかも知れません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

主人が亡くなり心細かったですが親切に対応して下さり心が安定してとても助かりました。 心より感謝申しあげます。

全体的に、ていねいに説明を受けたので満足している

職員の方の対応、正確さ、スピードについてはとても満足しています。 現状、相続税への税務署からの監視がきびしいかとありますが、土地評価に対しまして、 特にさげられた感がなかったのは残念でした。今後、税務調査等あった場合、ひき続きよろしくお願いいたします […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る