相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続財産管理人選任について

相続財産管理人選任について

被相続人が死亡前に1人で生活していた等の理由で、被相続人の死亡後、その財産を相続する権利を持っている相続人がいるのかどうかが不明であるというケースも稀にあります。

そう言った場合には、相続人に名乗り出るよう呼び掛けるのですが、呼びかけてすぐに相続人が現れる場合とそうでない場合があります。

相続人がいない間の財産の管理をする人間が必要です。

こういった場合、家庭裁判所から選任された相続財産管理人が財産の管理を行うことになります。

相続財産管理人となるのは、一般的にその地域にいる弁護士などが多いです。

家庭裁判所に、被相続人の出生から死亡までの戸籍を提出し、相続人がいないかもしれないと言う場合には相続財産管理人が選出され、そこから財産の行き先が決まるまでの間、財産を管理、運営することを家庭裁判所から依頼されると言うわけです。

相続財産の管理にかかった費用などを賄うために、家庭裁判所に費用を支払わなくてはならない場合もあります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

又、何かありましたらお願いします。

一番ありがたかったのは、金融機関との折衝がうまくいかなかったときに、 間に入ってくださったことです。 あらかじめ「金融機関とうまくいかないときは窓口で私に電話を」と 言ってくださっていたので遠慮なくSOSが出せました。

どんな些細な疑問点にも真摯に対応していただき、丁寧な回答を得ました。 そのため100%信頼して申告をお任せすることができました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る