相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

直系尊属以外の相続税

直系尊属以外の相続税

相続財産を相続する人(法定相続人)の範囲とその法定相続分は、民法により規定されており、法定相続人となれるのは被相続人の配偶者と被相続人の血縁者、具体的には被相続人の子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母、曽祖父母などの直系尊属、被相続人の兄弟姉妹までとさてれいます。

また、相続の順位も決められており、上位の人が亡くなっていた場合などに下位の人に相続権が回ってくることになります。

相続や遺贈によって財産を取得した人が配偶者、子供、直系尊属以外である場合、それぞれに算出された相続税額に2割加算されることが相続税法により規定されています。

被相続人の兄弟姉妹や孫などがこれに該当し、代襲相続した孫はこれに含まれませんが、養子になった孫は、本来ならば2度相続税が課税されるべきところを1度の相続税納税で済むことになってしまいますので、相続する際には税額に2割加算されます。

また、直系尊属でも父母以外の祖父や祖母が相続した場合、2割加算の対象となります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

おかげ様で相続税の申告を無事に行うことができました。 書類等、ていねいに作っていただき、ありがとうございました。

この度は私共チェスターさんにご指導いただき大変お世話になりました。 仕事のスピーディさ内容の分かりさ、とても信頼感を得る事が出来ました。 皆様の対応、仕事の満足、大変感謝しました。今後共宜しくお願い致します。  

相続税申告業務専門の言葉通り、極めて高い実務スキルをお持ちだと感じました。 評価の難しい不動産や非上場株式など少々面倒な財産があり心配しましたが、 初回の面談から申告まで流れもスムーズで、無事申告を終えることが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る