年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

直系尊属以外の相続税

直系尊属以外の相続税

直系尊属以外の相続税

相続財産を相続する人(法定相続人)の範囲とその法定相続分は、民法により規定されており、法定相続人となれるのは被相続人の配偶者と被相続人の血縁者、具体的には被相続人の子供や孫などの直系卑属、父母や祖父母、曽祖父母などの直系尊属、被相続人の兄弟姉妹までとさてれいます。

また、相続の順位も決められており、上位の人が亡くなっていた場合などに下位の人に相続権が回ってくることになります。

相続や遺贈によって財産を取得した人が配偶者、子供、直系尊属以外である場合、それぞれに算出された相続税額に2割加算されることが相続税法により規定されています。

被相続人の兄弟姉妹や孫などがこれに該当し、代襲相続した孫はこれに含まれませんが、養子になった孫は、本来ならば2度相続税が課税されるべきところを1度の相続税納税で済むことになってしまいますので、相続する際には税額に2割加算されます。

また、直系尊属でも父母以外の祖父や祖母が相続した場合、2割加算の対象となります。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

居住無制限納税義務者とは

相続税法において、納税義務者の区分は無制限納税義務者と制限納税義務者とに分けられていますが、その中でもさらに無制限納税義務者には区分があります。 その一つが、居住無制限納税義務者です。 この定義としては、相続や死因贈与を原因とする遺贈によって財産を得 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る