年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

銀行手続きと遺言執行人

銀行手続きと遺言執行人

銀行手続きと遺言執行人

被相続人が遺言を書き残しており、その中で遺言執行人を指定している場合は、その遺言執行人が遺言の内容を実現し、きっちりと遺産の分配や手続きをすることになります。

遺言で遺言執行人が指定されていないときや遺言執行人が亡くなった場合は、家庭裁判所がそれを選任することができます。

遺言執行人は遺言に従って、相続財産目録の作成、不動産の所有権移転登記、銀行預金の名義変更などの手続きを行ないます。

遺言執行人が選任されている場合、相続人が勝手に財産を取得したり、処分したりすることはできません。

被相続人が死亡した場合の銀行手続きですが、遺言が残されていない場合、預貯金の払い戻しの手続きは、相続人全員の委任によって任命された相続人の代表者が行ないます。

払い戻しの手続き後、遺産分割協議で決定された割合に従って預貯金は分配されることになります。

遺言が残され遺言執行人がいる場合は、印鑑や通帳を遺言執行人が管理しますので、相続人が法定相続分でも勝手に払い戻すことができなくなります。

遺言執行人が預貯金の払い戻し手続きを行い、遺言書に従ってそれを分配することになります。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る