相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

銀行手続きと遺言執行人

銀行手続きと遺言執行人

銀行手続きと遺言執行人

被相続人が遺言を書き残しており、その中で遺言執行人を指定している場合は、その遺言執行人が遺言の内容を実現し、きっちりと遺産の分配や手続きをすることになります。

遺言で遺言執行人が指定されていないときや遺言執行人が亡くなった場合は、家庭裁判所がそれを選任することができます。

遺言執行人は遺言に従って、相続財産目録の作成、不動産の所有権移転登記、銀行預金の名義変更などの手続きを行ないます。

遺言執行人が選任されている場合、相続人が勝手に財産を取得したり、処分したりすることはできません。

被相続人が死亡した場合の銀行手続きですが、遺言が残されていない場合、預貯金の払い戻しの手続きは、相続人全員の委任によって任命された相続人の代表者が行ないます。

払い戻しの手続き後、遺産分割協議で決定された割合に従って預貯金は分配されることになります。

遺言が残され遺言執行人がいる場合は、印鑑や通帳を遺言執行人が管理しますので、相続人が法定相続分でも勝手に払い戻すことができなくなります。

遺言執行人が預貯金の払い戻し手続きを行い、遺言書に従ってそれを分配することになります。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

一度だけ相互の連絡不徹底から同一書類をお互いに待っている事があったが、全体として申告期限まで短期間の中で丁寧、正確なサービスを提供して頂けたと満足しております。

申告まで時間の無い中、素早く対応していただき、ありがとうございました。

担当の山本さん、上林さんには、大変良くしていただきました。 大変お世話になり、感謝していますので、どうぞよろしくお伝えください。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る