相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

生命保険契約の転換と相続税

生命保険契約の転換と相続税

生命保険契約の転換制度をご存知でしょうか?そのとき契約している生命保険を見なおし、その解約返戻金を新しく加入する生命保険の頭金に当てるといった制度で、保険の下取りとも言われます。

当然のことながら、新しく加入する保険の初期費用が抑えられるので、お得に感じられる事が多いのですが、実はそうでもないという側面もあります。

生命保険を乗り換える際は、当然ですが年齢が高くなっているため、その分保険料が高くなってしまう可能性や、予定利率が低くなってしまう場合がありますので注意が必要です。

また、生命保険契約の転換があった際、その保険金にかかってくる相続税はどうなるのかと言うと、契約を転換された生命保険の保険金も、通常と同じ扱いになります。

ただし、新しく加入する際にかかった金額などが関わってくるので注意が必要です。

生命保険契約を転換する際には、最終的に受け取る事になる金額などがどう変わってくるか、保険料の支払いはどうなってくるのかをしっかりと比較して転換するかどうかを決定したいものです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何ぶん初めてのことなので、不安が多かったのですが、一任する形で出来、安心できました。ありがとうございました。

申し込みが相続税納付期限の3か月前という短い期間に手際よく作業していただき、間に合わせることができました。

ご丁寧な対応をいただき、大変満足しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る