相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

特許権の相続について

特許権の相続について

故人が技術者であったり、工業製品などの会社を経営していたりして、特許権を所有していた場合、その特許も相続の対象になるのでしょうか。

答えは、なります。特許権だけではなく、実用新案権などの知的所有権は相続の対象になるとされているのです。

では、特許の相続はどのように手続きをすればいいのでしょうか。遺産分割協議などで特許の相続が決まったら、できるだけ速やかにその旨を特許庁長官に知らせなければなりません。

その際、移転登録申請書、被相続人の除籍謄本、相続人の戸籍謄本・住民票、遺産分割協議書が必要となります。

名義変更を名乗り出なかった場合、家庭裁判所より所定の期間内に名乗り出るようにとの催促が出されます。この期間内に相続人が名乗り出なければ、特許権は消滅しますので、注意が必要です。

ちなみに、特許権、実用新案権などの工業所有権に関しては、出願手続きの最中である場合、これから出願するという場合にも相続することができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税についての知識もなく、期限も(納税の)1ヵ月もなかったのでバタバタでしたが わかりやすい説明だったのでとても安心できました。 今日、ファイルが届き、保存するにもあとから確認するにも明確に作っていただきとても助かります。 ありがとうございました。

最初にご説明頂いた時からとても丁寧でわかりやすく、信頼することができました。 質問にも的確にお答え頂き、安心してお任せできると思いお願い致しました。 申告書等の説明も詳細にして頂きましたので、一連の手続きが終了した現在は安堵しております。 いろいろと […]

相続について、懇切丁寧な説明を受けられた事で、安心してお任せ出来ました。 実際、途中経過についてもきちんと説明があり、満足出来る結果で感謝しております。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る