相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

特許権の相続について

特許権の相続について

特許権の相続について

故人が技術者であったり、工業製品などの会社を経営していたりして、特許権を所有していた場合、その特許も相続の対象になるのでしょうか。

答えは、なります。特許権だけではなく、実用新案権などの知的所有権は相続の対象になるとされているのです。

では、特許の相続はどのように手続きをすればいいのでしょうか。遺産分割協議などで特許の相続が決まったら、できるだけ速やかにその旨を特許庁長官に知らせなければなりません。

その際、移転登録申請書、被相続人の除籍謄本、相続人の戸籍謄本・住民票、遺産分割協議書が必要となります。

名義変更を名乗り出なかった場合、家庭裁判所より所定の期間内に名乗り出るようにとの催促が出されます。この期間内に相続人が名乗り出なければ、特許権は消滅しますので、注意が必要です。

ちなみに、特許権、実用新案権などの工業所有権に関しては、出願手続きの最中である場合、これから出願するという場合にも相続することができます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の打合せから最終の申告、報告まで適格な業務にタイムリーな作業の完成度の高さに十二分に満足しております。 ありがとうございました。

土地の評価については、プロフェッショナルなお立場から、種々ご検討いただき、特定路線価の設定申請が最適とのご判断のもと、納得感のある税の申告につながった。 貴法人は、専門書も多数出されておられ、国税当局からの信頼も厚く、安心してお願いできる先と感じまし […]

職員の方の対応、正確さ、スピードについてはとても満足しています。 現状、相続税への税務署からの監視がきびしいかとありますが、土地評価に対しまして、 特にさげられた感がなかったのは残念でした。今後、税務調査等あった場合、ひき続きよろしくお願いいたします […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る