相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続税と社会福祉法人

相続税と社会福祉法人

社会福祉法人とは都道府県知事や厚生労働大臣の認可を受けて設立された民間の非営利組織で、地域での社会福祉を担うのがその役割となります。

特別養護老人ホームや認可保育所などがそれに該当しますが、個人からの寄付が運営する上で大きな助けとなっています。

被相続人がその財産の一部をお世話になった社会福祉法人へ寄付したい、と遺言を残していることもありますし、相続や遺贈により財産を取得した人が社会福祉法人へその一部を寄付する場合もあるでしょう。

この場合の寄付金ですが、相続税申告前に、すでに存在している社会福祉法人へ寄付されている場合にはその財産分の相続税は非課税となる特例を受けることができます。

しかしこの寄付によって寄付した人やその親族がその社会福祉法人を利用することによって利益が発生する場合、寄付によってある者の相続税や贈与税の負担が不当に減少する場合、寄付を受けた社会福祉法人が寄付を受けてから2年以内に公益法人に該当しなくなった場合、またその寄付金を公益事業に使用していないと認められた場合などには特例と認められず、寄付した人、または社会福祉法人へ課税義務が発生します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

家族間の考えの違いを埋める様、コミュニケーションを図っていただけた。

相続についてネットで調べてみたものの分からないことばかりで困っていましたが御社に依頼して安心でき良かったです。 必要書類の確認をしていくなかで気付いた問題にも丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

何もわからない状況下、質問にもていねいにお答えいただき、たすかりました。 お世話になりました。ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る