相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

基礎控除以下の相続税申告

基礎控除以下の場合でも申告を行う必要がある場合があります

相続税は税率が高く、最高で50%の税率が課されます。しかし基礎控除額も多いので、毎年相続が発生したうちの5%ほどしか実際に相続税を課税されません。

相続税の基礎控除額は財産を法定相続人すべてが相続したと仮定し、5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出されます。基礎控除以下の財産分は相続税申告の必要がありません。

例えば法定相続人が配偶者と子供2人だった場合、基礎控除額は5000万円+1000万円×3で計算され、8000万円が基礎控除額となりますので、遺産から借金分を返済したり、葬式代金を差し引いたりした後、残された財産が基礎控除以下だった場合相続税申告の必要もなく、非課税とされます。

基礎控除の他にも相続税には配偶者控除、未成年者控除、障害者控除などが受けられます。配偶者控除の場合、最高で1億6000万円、または法定相続分以内の財産には相続税が課税されません。

しかしこの場合は基礎控除とは異なり、相続開始から10ヶ月以内に税務署に申請しなければ控除を受けられません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

とても丁寧でわかりやすい説明をしていただきありがとうございました。

こちらからの問い合わせ、質問に対し、非常に迅速に返信で回答いただき、安心してお願いする事ができました。 また、面会時も非常に丁寧にご対応いただきました。

いろいろお世話になり、ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る