相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

区分所有財産とは

区分所有財産とは

区分所有財産とは、複数の者が一つの財産をあらかじめ複数の部分に区分しており、それぞれが独立している状態をいいます。

そのなかでも、区分所有建物とは,マンションやビルのように、一棟の建物が二つ以上の部屋に区切られて、その部屋が別々の所有権の対象となっている建物各部屋のことをいいます。

すなわち、マンションの各部屋が、それひとつの区分所有財産であり、各部屋の入居者は、自己名義で所有権の登記をすることができます。

マンションなどの各部屋を区分所有財産として登記するには、次の要件が必要となります。

まず第1に各部屋が構造上の独立性を有していることです。

各部屋が、仕切り壁、床、天井などによって、他の部屋と構造上はっきり区別されていなければなりません。

第2に各部屋が利用上の独立性を備えていることです。

各部屋が、それだけで住居、店舗、事務所や倉庫などにあ使用できるものでなければなりません。

そのため、日本式家屋のように、隣室や廊下との境に襖や障子しかない部屋は、他の部屋と構造上の独立性があるとはいえませんので、二階と一階が天井で遮断されていても、二階に通じる階段の部分が一階の部屋と襖や障子で仕切られているにすぎない場合においては、一階と二階が区分されているとはいえません。

これに対して、隣室との間や壁が天井で遮断されているマンションの部屋やビルの事務所などは、原則としてこれらの要件を備えているといえます。

相続・各種手続き、お困りごとなど「相続」に関するご相談ならお任せください!【TEL】0120-992-430(平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00)

※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税申告、お見積り・面談予約。「相続税申告」に関することはお任せください!【TEL】0120-888-145(平日9:00~20:00、土曜9:00~17:00)

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

今の世の中オレオレ詐欺を初め何かと人をだましたり悪い事が後を立たない中最初の書類を送った時さっそくお送り下さいありがとうございますという連絡を頂き、又、用事が済みましたので今日書類を送らせて頂きましたと連絡がありその都度必ず連絡を頂き本当に親切できち […]

初めての事で期間もないなかで、色々なアドバイス・書類製作をして頂きとても心強く、ありがとうございました。 安心してお任せする事ができました。感謝いたします。

お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る