相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続放棄と遺産独占

相続放棄と遺産独占

本来被相続人の遺産は法定相続人によって公平に分配されるものですが、事情によりある一人の相続人が遺産独占することがあります。遺言に「妻に全財産を相続させる」といった内容が残されている場合は、それぞれの法定相続分を除いた全てが妻に引き継がれますので問題ありません。

遺産が住宅しかなかった場合など、他の相続人に相続放棄をお願いし、住宅に引き続き住み続ける形で相続することもあります。

相続人間の関係が良い場合は相続放棄に対する謝礼金を支払ったりすることで、速やかに事態は解決します。

しかし、相続人同士が面識がなかったり、関係が悪かったりした場合、遺産独占に対し親族間で争いになることも少なくありません。

このような次世代に争いを残さないためにも遺言を残すことは大切です。

また、他の相続人に相続放棄して欲しいと頼まれてもすぐには応じず、どうすることが一番いいのか熟慮するべきです。

遺産を独占されたとしても法定相続分の財産は相続が認められていますし、相続放棄をしてしまうとその相続権利も放棄してしまうことになるので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

色々お願いした事にきちんとご対応頂きました。 ご説明/解説頂いた内容も判り易く、プロの仕事をされていると感じました。

全体的に、ていねいに説明を受けたので満足している

チェスター前、銀行紹介の法人の面談を済ませて1週間経ってました。 ●●証券から電話有、チェスターとの時間を持ちました。 銀行の法人は、初期取得の戸籍等、揃っているにも関わらず、書類のチェックシートに時間を費やし、 費用についてもいかほどの問いに〇〇円 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る