相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

類似業種比準価額方式とは

類似業種比準価額方式とは

類似業種比準価額方式とは、取引相場がない株式を評価するときに、事業内容がよく似た上場企業の株式の株価を基準にして、その株価の評価をする方法のことで、国税庁の財産評価基本通達に規定されている評価方法の一つです。

具体的には、評価しようとする会社の一株当たりの配当金額、利益金額、純資産価額の三要素を類似する上場企業のそれと比較して算定します。

この方法で株式を評価すると、利益や配当が多い会社の株価は低くなります。

例えば、高利益が一定期間続いて、過去の利益も多く蓄積されている会社は純資産価額が大きいため、株価が高くなります。

類似業種の株価は、課税時期のある月から3ヶ月間の株価のうち最も低いもの、または、前年平均株価によります。

「一株当たりの配当金額」は、直前期末以前の2年間の会社余剰金の配当金額合計の50パーセントに相当する金額です。

また、類似業種に該当するかは、国税庁ホームページの財産評価通達に詳しく規定されていますので、合わせて参考にしてください。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

担当のお二人は人柄も良く質問し易い雰囲気を作っていただけて、とても話しやすかったです。 それから、相続人全員に常に中立の立場で、その都度適切に冷静に対応して下さりとても助かりました。 チェスターさんにおまかせするまでは不安でいっぱいでしたが、おまかせ […]

丁寧な説明と御指導により老人にも理解できる事があり感謝致して居ります。 最後にわかりやすく分類していただいた相続税申告書、これからも役立つ事と思います。

この度は、相続税申告、日程の少ない中、無事終了することができました。本当にありがとうございました。 若いみなさんが、はつらつとそして誠実にお仕事をなさっている姿を拝見し、嬉しく思いました。又、■の土地についてもお手数をおかけ致しました。今回は契約には […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る