年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続税の増税について

相続税の増税について

相続税の増税について

相続税は、2003年の改正で、最高税率が70%から50%に引き下げられ、税率区分を広げました。

ですが、実際に相続税がかかる割合は、基礎控除があるため、相続全体のおよそ4%ほどしかありません。

しかし、近年の国の税収不足が深刻化し、増税が検討されてきました。今回の相続税改正のポイントとなるのは、基礎控除額の引き下げです。

今までは、5千万円+1千万円×相続人が基礎控除額でしたが、改正後は3千万円+6百万円×相続人に変更される予定です。課税対象をさらに増やそうとする改正です。

そのほか、相続税最高税率が50%から55%に引き上げられ、一つの相続から得られる税収も増えることになります。

この改正案は、2011年の改正を予定していましたが、野党の合意が得られず未成立となっており、2012年度の協議へ先送りされることになりました。

また、東日本大震災の復興に充てる臨時増税については、所得税などにとどまり、相続税は除外するという最終案が明らかになりました。

関連性が高い記事

相続税の期限後申告の特則

小規模宅地等の特例の適用けるためには、相続税の申告が必要です。しかし、この特例を受けると相続財産の課税価額が基礎控除内となるため、相続税の申告は不要だと考えていると、税務署からお尋ねを受ける場合があります。しかし、その後に、申告を行っても、この特例を […]

養子の人数の制限について

養子の人数の制限について 相続税の計算をする場合において、相続税の基礎控除額、生命保険金の非課税限度額、死亡退職金の非課税限度額、相続税の総額の計算などの4点については、法定相続人の数を基に行いますが、これらの計算をする際の法定相続人の数に含める被相 […]

居住無制限納税義務者とは

相続税法において、納税義務者の区分は無制限納税義務者と制限納税義務者とに分けられていますが、その中でもさらに無制限納税義務者には区分があります。 その一つが、居住無制限納税義務者です。 この定義としては、相続や死因贈与を原因とする遺贈によって財産を得 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る