相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

立て替えた葬儀費用の控除について

立て替えた葬儀費用の控除について

葬儀に関しては、現実的な問題として費用負担の問題が生じえます。

葬儀費用は、少なくとも数十万円から多い場合には数百万円がかかります。

この葬儀費用について、故人がしっかりと貯蓄されている場合や生命保険料から支払うなどの場合には問題が生じにくいと言えますが、「とりあえず」という形で、手持ち金がある方・故人の身近であった親族が負担されることもあります。

葬儀は緊急のことですので、とにかく必要なお金を用立てるという意識で支払ってしまうということがありえます。

このような相続人間で葬儀費用について特に定めないうちに誰かが葬儀費用を支出してしまった場合、法律的にはどのように扱うことになるのでしょうか。

この点に関しては税務と法務の面で理解が異なってきます。

葬儀費用の税務上の取り扱い

まず、税務においては、葬儀費用を相続人が支出した場合には、その費用は相続税申告の際に控除されるという扱いがされます。

もっともどこまでが葬儀費用として認められるかは、費用の内訳によって異なってきます。

お通夜や本葬の費用は葬儀費用となりますが、香典返しの費用や葬儀後の各種法要の費用などは葬儀費用としては認められません。

そのため、費用の請求書や明細書、領収書などは葬儀の当日の日付でしっかりと保管しておき、後日、税理士へ相談の際に持参することが重要です。

葬儀費用の法務上の取り扱い

一方、法務においては、誰が葬儀費用を負担するかという法律的な定めがないので、問題は大きくなる可能性があります。

一般的な考え方であれば、法律の基本理念からは平等な負担が望ましい(民法第1条)ということができますが、民法などには葬儀費用を誰が負担するかということについて定めた条文はありません。

また、香典を受け取る方、香典返しの費用負担者等の定めもありません。

このように、法律的には葬儀費用を支出した後の処理については解釈によることになります。

一般的には事務管理(民法第697条)として処理することが考えられますが、「義務なくして」ということができるかが問題となりますし、準委任契約(民法第656条)と理解する場合にはどの時点で葬儀費用建て替えの委任が成立したのかという点が問題となります。

このように葬儀費用を立て替えた場合には、税務上の処理は明確であるものの、法律的な処理は難しい問題を生じる可能性があります。

可能な限り、葬儀費用については後日の取り扱いについて相続人間で話し合うことが大切です。

また、ご自身のご葬儀の費用を貯蓄されることも、無用な相続トラブルを避けるためには大切なことです。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る