相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

葬祭料・埋葬料の請求

葬祭料の請求(故人が国民健康保険の被保険者であった場合)

 国民健康保険の被保険者が亡くなったとき、その故人の葬祭を行った者は、葬祭費が受けられます。

【葬祭費の請求方法】
受けられる額・・・区部7万円、市町村部 3万~7万円
請求先・・・・・・亡くなった人の住所地の市区町村役場

埋葬料の請求(故人が健康保険(社会保険)の被保険者であった場合)

被保険者が亡くなったとき、その被保険者と生計維持関係にあった人は、埋葬料が受け取れます。申告期間は、亡くなった日から2年以内です。それを超えると権利はなくなりますので注意が必要です。

【埋葬費の請求方法】
受けられる額・・・埋葬料→被保険者の標準報酬月額の1ヶ月分(最低10万円)
請求先・・・・・・・勤務先の社会保険組合又は社会保険事務所

葬祭料・埋葬料と相続税申告

葬祭料・埋葬料は、相続財産ではなく相続人が受け取るべきものですので、相続税申告の対象とはなりません。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

専門用語がよく出てきたので、すぐに理解できなくて、自分で調べたりと勉強するきっかけになった。 相続税についてなどは、専門家でないと正確にはできないものです。とても助かりました。

納付期限まで3ヵ月を切っていましたが、きっちりと対応していただきました。 その分割高にはなりましたが、土地の相続にあたり特例を適用していただくなど、相続金額を減額することもできました。 すべてをお任せすることで手間を省き、安心することもできました。本 […]

長い期間ありがとうございました。おかげ様で不安なく過ごすことができました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る