年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

葬祭料・埋葬料の請求

葬祭料・埋葬料の請求

葬祭料の請求(故人が国民健康保険の被保険者であった場合)

 国民健康保険の被保険者が亡くなったとき、その故人の葬祭を行った者は、葬祭費が受けられます。

【葬祭費の請求方法】
受けられる額・・・区部7万円、市町村部 3万~7万円
請求先・・・・・・亡くなった人の住所地の市区町村役場

埋葬料の請求(故人が健康保険(社会保険)の被保険者であった場合)

被保険者が亡くなったとき、その被保険者と生計維持関係にあった人は、埋葬料が受け取れます。申告期間は、亡くなった日から2年以内です。それを超えると権利はなくなりますので注意が必要です。

【埋葬費の請求方法】
受けられる額・・・埋葬料→被保険者の標準報酬月額の1ヶ月分(最低10万円)
請求先・・・・・・・勤務先の社会保険組合又は社会保険事務所

葬祭料・埋葬料と相続税申告

葬祭料・埋葬料は、相続財産ではなく相続人が受け取るべきものですので、相続税申告の対象とはなりません。

関連性が高い記事

葬儀費用控除してはいけないもの、控除できるもの

被相続人に係る葬式費用は、相続開始時に現存する債務ではありませんが、相続開始に伴う必然的出費であり、社会通念上も相続財産そのものが担っている負担ともいえるため、相続税の課税価格の計算上、葬式費用を控除することができます。このような趣旨を踏まえて、控除 […]

納骨費用と葬式費用

納骨費用と葬式費用 親族の方がお亡くなりになった際に避けることができない費用が葬式費用と納骨費用です。 大切な方がお亡くなりになったのですから、お葬式、ご納骨ともに心を込めて行いたいものです。 葬儀、納骨などの法事が済みましたら、事後の手続きとして法 […]

香典返戻費用の相続税の債務控除

香典返戻費用の相続税の債務控除 故人のご葬儀にあたっては様々な費用も発生します。 故人の死を惜しんで葬儀に参列くださった方に対する、いわゆる香典返しの費用(香典返戻費用)も事実上必ずかかる費用となります。 この香典返戻費用も、参列くださった人の人数に […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る