相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

お気に入り
登録
お電話

お問い
合わせ

特許権を評価する際の基準年利率

特許権を評価する際の基準年利率

“具体例〜特許権の評価の場合〜”

特許権を持つ持つ人が、自分以外の人にその特許権を使用させ、その対価として毎年使用料(特許料)を受け取る場合において、この特許権を評価する場合を考えます。

直感的には、この特許権の評価額は、

(特許権の評価額)=(毎年受け取る使用料の金額)×(受け取る年数)

となるはずです。

しかし、現在の価値と未来の価値は違うため、将来受け取る使用料を現在の価値に直します。

このときに、使われるのが基準年利率の複利原価率です。

よって、将来受け取る使用料を現在の価値に直して評価すると、

(特許権の評価額)=1年目の補償金年額×1年後の複利原価率+2年目の補償金年額×2年後の複利原価率+3年目の補償金年額×3年後の複利原価率+4年目の補償金年額×4年後の複利原価率・・・+n年目の補償金年額×n年後の複利原価率

となります。

実際の評価においては、その財産の将来の収益性を予測した上での評価時点の現在価値に割り戻すために、その月の基準年利率に応じた複利年金原価率や複利原価率等を使用することとなります。

基準年利率を公表する際には参考として、これらが記載された複利表が合わせて公表されています。

基準年利率の表をご覧になりたい場合には、国税庁のHPをご覧ください。

 

相続専門税理士が対応します!/

関連性が高い記事

株式保有特定会社とは

株式保有特定会社とは 非上場株式の評価において、資産の保有状況や営業状態が特殊な会社の株価評価をする場合に、上場株式の株価に比準する類似業種比準方式により評価するのが合理的でない会社も多くあります。 株式の保有割合が多い会社、土地の保有割合が多い会社 […]

特定同族会社の判定方法

特定同族会社の判定方法 特定同族会社とは、被支配会社であって、被支配会社であることについての判定の基礎となった株主等のうちに被支配会社でない法人がある場合において、その法人をその判定の基礎となる株主等から除外して判定した場合においても、なお被支配会社 […]

比準要素1の会社とは

非上場株式の評価 非上場株式を評価する際には、会社の規模(総資産・売上高・従業員数)によって、大会社・中会社・小会社に区分され、それぞれの評価方法により評価します。 原則的評価方式では、同業種の大企業の水準を準用した「類似業種比準価額」とその会社の純 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る