相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

超過利益金額が少額な営業権

超過利益金額が少額な営業権

超過利益金額が少額な営業権

財産にはさまざまな種類がありますが、権利というのも財産のひとつです。

一般的によく使われる「のれん」と同じ意味をもつ「営業権」。

これは、会社のブランド力やノウハウ、立地など、目には見えないものでも実際に収益力に影響を及ぼす価値のことをいいます。

そこでこの営業権も評価の対象となっており、評価方法は下記のとおり定められています(財産評価基本通達165参照)。

営業権の価額=超過利益金額×営業権の持続年数(原則10年としています)に応ずる基準年利率による複利年金現価率超過利益金額=平均利益金額×0.5−標準企業者報酬額−総資産価額×0.05

以前までは、前年の所得金額を限度として、開業後10年未満の会社の営業権や平均利益金額が200万円未満の企業の営業権、また、超過利益金額が少額(5万円未満)な企業の営業権については評価しないこととしていました。

しかしながら、これは平成20年に廃止・改正されています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

地方にある土地も丁寧に調べてくださり助かりました。

当方からの様々な疑問のメールに対して、迅速かつ丁寧にご回答いただきました。

・丁寧な応接 ・度重なる質問に対し当方が理解できるような説明をいただいた ・約束な期日が守られ安心しておまかせ出来た

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る