相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

超過利益金額が少額な営業権

超過利益金額が少額な営業権

財産にはさまざまな種類がありますが、権利というのも財産のひとつです。

一般的によく使われる「のれん」と同じ意味をもつ「営業権」。

これは、会社のブランド力やノウハウ、立地など、目には見えないものでも実際に収益力に影響を及ぼす価値のことをいいます。

そこでこの営業権も評価の対象となっており、評価方法は下記のとおり定められています(財産評価基本通達165参照)。

営業権の価額=超過利益金額×営業権の持続年数(原則10年としています)に応ずる基準年利率による複利年金現価率超過利益金額=平均利益金額×0.5−標準企業者報酬額−総資産価額×0.05

以前までは、前年の所得金額を限度として、開業後10年未満の会社の営業権や平均利益金額が200万円未満の企業の営業権、また、超過利益金額が少額(5万円未満)な企業の営業権については評価しないこととしていました。

しかしながら、これは平成20年に廃止・改正されています。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

預貯金の手続きを終えたところで相続税申告書作成を依頼。 相次相続発生ということで、納税不要になり、分割協議書をつくっていただくのみとなりました。 故人の通帳をチェックしていただいたなかで相次相続に気づいて下さり、プロの仕事のすごさを感じました。 あり […]

税の知識が皆無に等しい私どもに、親切かつ丁寧に教えていただき、ありがたかったです。 故人はもとより、家族全員が相続を大変心配していましたが、司法書士さんと共に導いて下さって、感謝しています。

父が突然に他界し、何の準備もなく相続開始となりました。また不動産の数、種類が多く権利関係が複雑なものがあり、事業収入、債務等、確認すべき項目が多岐に渡り、財産目録作成から神経を使う作業となりました。率直にとてもしんどかったです。チェスターさんへは何度 […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る