相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同族株主の判定方法

同族株主の判定方法

原則としては、課税時期において、株主の1人およびその同族の関係にある者(以下同族関係者)の株式保有率(議決権保有率)が30%以上であれば、その株主や同族関係者は同族株主と判定されます。

株主の1人およびその同族関係者が保有する株式の合計数÷発行済み株式数×100≧30

ただしその会社に対して株式保有率が50%以上のグループがあれば、そのグループに属する株主が同族株主となります。

このときの同族関係者というのは、株主と同族の関係にある個人または法人のことを指します。

「株主と同族の関係にある個人」は、親族や事実上の婚姻関係にある人、その個人の使用人、一緒に暮らしているこれらの親族などです。

一方「株主と同族の関係にある法人」というのは、同族関係にある個人株主の一人が、その会社の50%以上の株式を保有している会社のことをいいます。

また、その会社を通じて間接的に50%以上株を保有している会社もそれに含まれます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

1月下旬に■■証券の会議室で紹介を受け、相続手続の概要、報酬見積の提示を受ける。 その後コロナウイルスの感染から手続は全て電話でのやりとりと書類の郵送という変則的な進め方となったが、 適宜連絡をとり合う事で6月中旬に税務申告が完了。 又、司法書士とも […]

親切・丁寧に対応していただいたので、安心してお任せすることができました。 ありがとうございました。  

相続税についての知識もなく、期限も(納税の)1ヵ月もなかったのでバタバタでしたが わかりやすい説明だったのでとても安心できました。 今日、ファイルが届き、保存するにもあとから確認するにも明確に作っていただきとても助かります。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る