相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

同族株主の判定方法

同族株主の判定方法

原則としては、課税時期において、株主の1人およびその同族の関係にある者(以下同族関係者)の株式保有率(議決権保有率)が30%以上であれば、その株主や同族関係者は同族株主と判定されます。

株主の1人およびその同族関係者が保有する株式の合計数÷発行済み株式数×100≧30

ただしその会社に対して株式保有率が50%以上のグループがあれば、そのグループに属する株主が同族株主となります。

このときの同族関係者というのは、株主と同族の関係にある個人または法人のことを指します。

「株主と同族の関係にある個人」は、親族や事実上の婚姻関係にある人、その個人の使用人、一緒に暮らしているこれらの親族などです。

一方「株主と同族の関係にある法人」というのは、同族関係にある個人株主の一人が、その会社の50%以上の株式を保有している会社のことをいいます。

また、その会社を通じて間接的に50%以上株を保有している会社もそれに含まれます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

お世話になりました。 二次相続の時も宜しくお願い致します。

依頼して7か月間色々とありがとうございました。今後税務調査がないといいと思います。 そのため確実に御対応していただきありがとうございました。 以上

相続手続きについて全く知識がなく不安でいっぱいでしたが、1つ1つ丁寧に対応して下さり、安心してお任せできました。 家族の意向をくんでスムーズに進めて下さり、感謝しています。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る