年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

司法書士が相続手続きでできること

司法書士が相続手続きでできること

司法書士が相続手続きでできること

遺産相続には、相続調査、遺産分割協議書作成、代理人としての交渉、遺産分割の調停、遺産分割の審判、相続登記、相続税申告など法律に密接に関係する手続きがたくさんあります。

これら手続きには、各種士業の関わりを必要とします。

士業には、弁護士、司法書士、行政書士、税理士が挙げられますが、ここでは士業の内の一つ司法書士が遺産相続手続きでできる業務を紹介します。

一つは、相続調査です。

相続調査は法定相続人の種によって被相続人、必要であればその父母、祖父母の戸籍を辿り相続関係図を作ります。

この調査で相続人を確認するのです。

その他に、遺産分割協議書の作成ができます。

各相続人が遺産分割協議で相続内容に一致した際に、遺産分割協議書を作成します。

協議書には特にその形式が決められているわけではありませんが、明確に記載しなければいけない内容が漏れていたなどすればそれが遺産分割協議書として認められない為司法書士などに依頼することが無難です。

また、相続登記も司法書士のできる業務です。

相続登記は相続した土地や建物と言った不動産を被相続人から相続人の名義に変更することで、法務局で申請と手続きをします。

注意が必要なのは、司法書士は遺産分割協議書の作成はできますが、分割の調停や審判などはできないということです。

士業であるからと言っても、すべての業務を行えるわけではありません。

関連性が高い記事

共有名義の土地の相続について知っておきたいこと

不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]

相続した不動産に不動産取得税はかかる?

相続した不動産に不動産取得税はかかる? 不動産取得税とは、売買、贈与、交換、建築等によって、土地や家屋といった不動産の所有権を取得する際に、一度だけ課税されるものですが、登記の有無や有償無償の別、期間の長短や取得の理由を問わず、不動産を取得した人が納 […]

遺産の相続登記は義務か?

遺産の相続登記は義務か? 遺産相続で土地や建物などいわゆる不動産を相続した場合に、相続登記の手続きをする必要があります。 しかし、この相続登記は法務局より義務付けられてるわけではありません。 不動産相続をした相続人が相続登記をせず、そのままにしておい […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る