相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

司法書士が相続手続きでできること

司法書士が相続手続きでできること

遺産相続には、相続調査、遺産分割協議書作成、代理人としての交渉、遺産分割の調停、遺産分割の審判、相続登記、相続税申告など法律に密接に関係する手続きがたくさんあります。

これら手続きには、各種士業の関わりを必要とします。

士業には、弁護士、司法書士、行政書士、税理士が挙げられますが、ここでは士業の内の一つ司法書士が遺産相続手続きでできる業務を紹介します。

一つは、相続調査です。

相続調査は法定相続人の種によって被相続人、必要であればその父母、祖父母の戸籍を辿り相続関係図を作ります。

この調査で相続人を確認するのです。

その他に、遺産分割協議書の作成ができます。

各相続人が遺産分割協議で相続内容に一致した際に、遺産分割協議書を作成します。

協議書には特にその形式が決められているわけではありませんが、明確に記載しなければいけない内容が漏れていたなどすればそれが遺産分割協議書として認められない為司法書士などに依頼することが無難です。

また、相続登記も司法書士のできる業務です。

相続登記は相続した土地や建物と言った不動産を被相続人から相続人の名義に変更することで、法務局で申請と手続きをします。

注意が必要なのは、司法書士は遺産分割協議書の作成はできますが、分割の調停や審判などはできないということです。

士業であるからと言っても、すべての業務を行えるわけではありません。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

最初に説明いただいた手順、期間でとどこおりなく仕事していただきました。 司法書士さんからの土地の登記権利書も届き、6月13日無事終了しました。 ありがとうございました。

何もわからない私たちに丁寧に種々のことを教えて下さり、アドバイズをしていただきました。 かなり手間のかかることや、イレギュラーなことも発生しましたが、迅速に対応いただき、心より感謝いたします。ありがとうございました。

相続税の申告が迫る中、短い期間で迅速に対応して頂きありがとうございました。 申告項目の一つ一つの根拠法文等をご説明頂き安心して申告を完了することが出来ました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る