相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

遺産分割で良くあるトラブルあれこれ

遺産相続でのトラブルは良く耳にする話題です。

遺産相続では、被相続人がいない状態で相続人がその相続を進めていくため、各相続人の被相続人との関係の違いや相続財産に対する考えがすぐに一致するとは限りません。

そのために発生するトラブルが多いと言えるでしょう。

遺産相続でのトラブルと言っても多岐にわたります。

相続人が誰であるかというトラブル、相続財産の割合においてのトラブル、相続財産内容によるトラブルなどありとあらゆる問題があります。

1.赤の他人が相続人と名乗り出てくるケース

たとえば、相続人が誰であるのか、もしくは相続人であると主張しているものが本当に相続人であるかどうかの問題が発生した場合にはどうすればよいのでしょうか。

遺産相続で、全く知らないものが相続人であると名乗り出ることはあります。

今まで交流も関係もなかったものがいきなり相続人として主張するのですから、他の相続人としては信じ難く素直に受け止めるのは難しいのではないでしょうか。

しかし、民法では遺産相続が始まった際にどのような定義にあたるものが相続人となるかをはっきりと定めています。

もし、このようなトラブルが発生した場合は、民法の定めに基づき、また戸籍上の関係から冷静に判断する必要があるでしょう。

たとえその相続人と名乗る者との交流が少なかったり、知りもしない者であったとしても法律の定めに当てはまるのであれば、それはれっきとした相続人の権利を持つものとなるのです。

2.存在の知らない遺言書が出てくるケース

自分は存在を知らなかった遺言書が出てきた場合には、トラブルとなるケースが良くあります。

病床で意識がはっきりしていない状態で無理やり書かせたのではないかというような疑念が生じるケースも少なくありません。

法律上は、意思能力がない状態で書いた遺言書は無効になりますが、ただ、実際形として存在する遺言の存在を否定するのは簡単ではありません。

遺言書を作成した当初、作成した人物に意思能力がなかったということをどうやって証明するのかというのが焦点となるからです。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る