相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

災害と相続税評価

災害と相続税評価

被相続人が亡くなって、遺産相続をした財産が、災害によって被害を受けた際には、災害減免法によって、相続税の減免措置が適用される場合があります。

条件としては、被害を受けた割合が、取得をした財産の10%以上の場合、または、金銭や有価証券を除く動産などの被害が相続税の計算時の元になった動産などの価額の10%以上である場合です。

いずれも保険金や損害賠償などによって補填された場合はその金額を除きます。

取り扱いは、災害時期が申告期限前だったか後だったかによって異なります。

申告期限前であれば、相続税の計算は、財産の価額から被害相当額を控除することで算出し、被害状況などを記載して申告期限内に提出します。

また、申告期限後の場合は、災害のあった日以降の未納金額からの控除となるため、もし完納している場合には適用されません。

申告期限後の場合、災害がやんだ日から2か月以内に、被害状況などを記載した書類を提出します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

親切、丁寧な対応で一つ一つわかりやすく説明等、して頂きました。わりと短期間で滞りなく終わりましたので良かったと思います。

申告期限まで約1ヵ月という短期間であったが、迅速かつ適確に進めて頂き感謝しています。 遺産分割に係るアドバイスもわかりやすく大変参考になりました。

兄の相続で内容がよくわからないところ、細かい点まで御指摘、御教示いただき安心して任せることができた。 報酬も大変リーズナブルで有難かった。お世話になりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る