相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

災害と相続税評価

災害と相続税評価

被相続人が亡くなって、遺産相続をした財産が、災害によって被害を受けた際には、災害減免法によって、相続税の減免措置が適用される場合があります。

条件としては、被害を受けた割合が、取得をした財産の10%以上の場合、または、金銭や有価証券を除く動産などの被害が相続税の計算時の元になった動産などの価額の10%以上である場合です。

いずれも保険金や損害賠償などによって補填された場合はその金額を除きます。

取り扱いは、災害時期が申告期限前だったか後だったかによって異なります。

申告期限前であれば、相続税の計算は、財産の価額から被害相当額を控除することで算出し、被害状況などを記載して申告期限内に提出します。

また、申告期限後の場合は、災害のあった日以降の未納金額からの控除となるため、もし完納している場合には適用されません。

申告期限後の場合、災害がやんだ日から2か月以内に、被害状況などを記載した書類を提出します。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

知識がないのでくだらない質問などをしていたと思いますが、穏やかな口調でていねいに説明して頂きました。 ご不在のときのコールバックも確実でした。予定の日数よりも早く処理して頂き助かりました。

チェスターさんは、元会社の方からおしえて頂き、早速に電話し、4.5日後に来て頂きました。 通帳などもきちんと整理出来てなくて、大槻さんは大変だったと思います。 期間も余り無くて、苦労したと思いますが、親切に物事を進めて下さいました。 娘、共々、大変喜 […]

ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る