相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

電話の相続の名義変更について

電話の相続の名義変更について

電話は最近では固定電話だけではなく、携帯電話・スマートフォンによる契約も圧倒的に増えてきています。

電話の契約をされた方が亡くなられた場合には、電話利用を廃止するか、名義変更の手続きをする必要があります。

一般的な固定電話の場合に必要となる手続きは以下のようになります。

名義変更の際の必要書類

まず、戸籍謄本(戸籍事項全部証明書)を市役所で取得します。

戸籍謄本には、現在電話契約者として名義が掲載されている方と相続人の方の相続関係が確認できるものを用意します。

また、被相続人の方の死亡年月日の記載があることも必要ですので、戸籍取得の前に窓口で確認されると戸籍の取得に間違いが生じにくくなります。

電話の契約の名義を変える場合には、一般的に被相続人の方と相続人の方の世帯は同一であるケースが多いので、戸籍の取得は基本的に1通で足りることが多いと言えます。

ただ、ご結婚等により世帯を別にされて独立の戸籍を編制(作成)されている場合にはご自身の戸籍と故人の除籍謄本が必要となることとなります。

万一、戸籍謄本として死亡年月日の記載がないものを取得してしまった場合には、戸籍謄本と併せて死亡年月日の記載がある住民票(戸籍謄本よりも安く取得することができます)・埋葬許可証・新聞死亡記事・市町村の広報誌などを添付することで足ります。

要点としては、故人の死亡の事実とその年月日並びに故人と相続関係にあることが証明できる文書を用意するということになります。

また、故人が遺言書を残されている場合には遺言書を提示することでも差支えはありません。

ただし、遺言書は、自筆証書遺言であるにもかかわらず検認手続きを経ていない場合には認められないことや、コピーは求められるために遺産などの具体的な関係が判明しプライバシー上あまり好ましいとは言えないことなどから、戸籍謄本等で対応することが一般的です。

これらの書類を用意し、かつ新しい名義人となる方の印鑑を用意して電話の加入センター等へ持参または郵送(郵送が現実的です)することとなります。

なお、送料等の実費以外の費用はかかりません。

電話番号を維持するかどうか

電話の契約を維持し、名義を変更することは個人の方の場合には、事業を承継されているなどの関係から電話番号を維持したいときなどに有効です。

一方で故人の死亡を親しい知人などに知らせた後に電話の契約を廃止することも一つの方法です。

相続開始後の手続きとして電話の名義変更などはつい忘れがちとなる手続きですので、ご注意いただくことが重要です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る