相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

調停申し立て手続きに必要な書類

調停申し立て手続きに必要な書類

調停申し立て手続きに必要な書類は遺産目録,相続人関係図等が必須になります。

他にも収入印紙や郵便切手の購入が必要になることもあります。

戸籍謄本や遺産内容を示す資料なども添付する必要があります。

この時に当事者が法人の場合には、登記事項証明書 1通が必要になります。

またこの際の当事者が未成年の場合には親権者を証明する戸籍謄本 1通必要になります。

申立先の裁判所に郵送で送ることも可能です。

裁判所のWEBサイトを確認してください。

申立て書をダウンロードする事が可能になりますので、裁判所へ出向く必要はなく申立て書を入手することが可能になります。

付加できる書類

この際に付加できる書類として、言い分を裏付ける証拠書類や領収書(契約書等)がある場合は,そのコピー等を提出することが求められます。

早期の解決を行うにはこのような証拠が必要になります。

そのため他にも書類が必要になることがあります。

特定調停の申立てにおいては,これらのほかに,資産,負債など財産に成るものに関するデータが確認できるもの,その他の財産の状況,生活の状況に関する資料等を提出することになります。

各簡易裁判所で細かい運用を定めている場合があり、詳細に関して質問できます。

申立先の簡易裁判所を管轄する地方裁判所のウェブサイトを確認してください。

裁判所によって求められる書類が違う

裁判所によって求められる書類が違うので十分に確認する必要があります。

そのため十分に裁判所と確認を行い、必要であれば専門家に相談することもおススメできます。

調停の申立てをする方を「申立人」として住所と氏名、郵便番号、電話番号などをしっかり明記しておき、相手の名前や氏名をしっかり明記しておきましょう。

相続にトラブルが発生する可能性はよくあります、他の相続人との不一致が原因で相続の手通きが進まないことなどもあります。

そのため慎重に遺産分割協議を行い後にトラブルがないように進行していくことが大切です。

提出すべき申立書の数は相手方の数に1を加えた数になります。

例えば相手方が1人の場合は2部提出になりますので、忘れずに一部を多く作成する必要があります。

トラブルの内容によっては,簡易裁判所に調停申立書の用紙とその記載方法の見本をよく確認して記載ミスがないように慎重に明記していきましょう。

不動産に関しての資料請求は不動産の登記簿謄本又は登記事 項証明書は法務局で入手することができます。

もし複雑なトラブルのため、もしくは解決できない問題の時には、専門家に相談する必要性があります。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

話を丁寧に聞いて頂けた。

もともと公認会計士をしていた若いお2人が、税理士業を開業されたとのことで依頼した当初は、正直言って、実務経験不足や人生経験不足に一抹の不安がありました。が、それは見事に杞憂に終わりました。 なにしろ税理士報酬額はコスト重視プランを選んだとは言え同業他 […]

近岡さんはもちろんの事、その他の方も電話での応対とかが非常にていねいで、とても満足しています。業務上の事でも、近岡さんが、とても几帳面で丁寧で慎重で、こちらの立場でいろいろアドバイスをして頂いて感謝しています。 近い将来私自身が被相続人になるわけです […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る