相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

電話加入権の名義変更手続き

電話加入権の名義変更手続き

電話加入権の名義変更手続きはいつでもどなた様でも国内で手続きを行うことが可能です。

基本的には名義変更はNTTで手続きを行うことが可能です。

このときには印鑑証明と実印を押すことになりますのでご用意ください。

NTTのHPにて確認を行うことが可能です。

又は電話番号116にて確認を行うことが可能です。

注意点として、利用休止にしてから5年以内に再手続きしないと、自動的に解約したことになります。

そのためご本人様で使うなり、業者に売るなりすることが可能です。

名義変更が必要な理由として

名義変更が必要な理由として相続の際に名義変更が必要になる事があります。

そのため財産放棄にあたり加入権の名義変更が必要になる事があります。

相続の際の電話加入権の名義変更には、相続を代表して進行している代表者の方と、被相続人の続柄の関係を証明できる書類の提出が必要になります。

そのため自由に誰でも加入権の名義変更が行えるわけではありません。

銀行口座なども相続の際に故人が亡くなった事実を知ったときから口座の凍結をおこないます。

そのため口座の入出金や残高照会を行うことが出来なくなります。

そのため通常の取引を行うことも出来なくなります。

名義変更が必要になる方にとっては銀行に続柄の証明を行うことが求められます。

相続の際には自分なりに名義変更を行うことが出来るように書類を用意する必要があります。

電話の加入権のことまで、又は財産の分割について故人の意向がある時には遺書にそのことが証明されることになりますので遺書の内容を十分に確認する必要があります。

名義変更について疑問がある方は専門家への質問を行いましょう。

証券会社の口座の名義変更の手続き

証券会社へ連絡をとります。

そして記載すべき書類にすべて記載漏れがないように書き込ます。

本人(相続人)と被相続人の関係を証明することが大切です。

この時に専門的な知識が必要になることもありますので、十分に注意して書き込みをしてください。

また十分に証券会社と何が必要になるのかを確認しておくことが求められます。

証券会社によっては郵送やインターネットで手続きを行うことが出来る会社もありますが本人確認と、口座の持ち主の名義人との続柄を証明することができる、戸籍謄本が必要になる事があります。

また投資している銘柄や、株数がわかる様であればスムーズに手続きを行うことが可能になります。

基本的には2週間から一ヶ月あればスムーズにすべての名義変更の手続きを完了することが可能です。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る