相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

保険金受取人と相続人

保険金受取人と相続人

故人の財産を相続する相続人は、法律で定められているとおり、一般的には三親等内の親族となっています。

また、生命保険など各種保険に加入する際に指定しなければならない保険金受取人も、多くの場合は被保険者の近しい家族や親族とされます。

一般的には、保険金の受取人は妻や子供など、被保険者との関係によって個人が指定されている場合が多いのですが、単に保険金受取人を「相続人」と指定している場合も稀にあります。

しかし、相続人と言えば大抵の場合一人ではありませんので、給付される保険金を法定相続人で分割することになります。

その場合、保険金を分割する割合はどうなるのか?ということはずっと専門家の間で議論が繰り広げられています。

ある人は、相続分の割合に則って分割するべきと言い、またある人は、相続の財産とは関係ないものであるから、平等に分割するべきとも言っています。

この問題については、平成6年に「保険金受取人が相続人と指定されている場合、分割の割合は相続分の割合に従って分割するべきである」という判決が出ており、現在多くの場合はそうして分割されるようです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

地方にある土地も丁寧に調べてくださり助かりました。

すべての当方のわがままに親切にしていただきました。

(1)とても分かり易く説明していただきました。 (2)相続人三人が中々揃う日が無かったのですが、御遠方から何度も来ていただいて助かりました。 (3)電話でも高齢の私に丁寧に応対して下さいました。これからも何か困る事ができましたら、相談させていただきた […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る