相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

秘密証書遺言の作成方法

秘密証書遺言の作成方法

秘密証書遺言の作成方法

秘密証書遺言の作成方法として、まず理解しておきたいのが秘密証書遺言はパソコンや代理人が作成しても被相続人が署名することが大前提です。

被相続人の方は相続できる財産をしっかり認識してどのようなもの、権利が相続の対象になるのかを本人が確認する必要があります。

不動産、預貯金、国籍、株などを誰に相続させるのかを、またどのように分割して相続させるのかを十分に確認して相続の準備を行うことが大切です。

まずは作成方法として下書きを行いましょう。

下書きを行っておくことで、正確に、また記入漏れなく遺書を書くことが可能になります。

注意点として訂正箇所があれば、全て書き直すのがよい。

訂正方法が間違っていれば、無効な遺言書になりますので、しっかりと分かりやすい文章で書いていくことが大切です。

署名だけは自書し、押印します。

書き上げた遺言書は確認のため、専門的な知識のある弁護士や行政書士、又は司法書士に見てもらいましょう。

また、封筒に入れるなどして遺書を遺言書に押印した印鑑で封印しましょう。

秘密証書遺言の作成してから

早期の解決を行うためにそれなりに専門的な知識を要している専門家との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の査定や調査、又は相続方法によって進行する手続きが変更します。

そのため十分に時間を必要とし、その簡易相続尾際には他の相続人との遺産分割協議を行いどのように遺産を分割していくのかを決めていきます。

相続の際には他にも各種の手続き、名義変更や、申請、申告、税の計算などを必要としますので、その分の料金がかかりますが、相続の際には報酬制で仕事を請ける専門かもいます。

すべてがスムーズに行くわけではなくほかの相続人との意見が合わないときには調停になり、相続がスムーズに進行しないこともありますので、十分に意識して相続を慎重に行っていくことが求められます。

相続手続きを代理人が行うことも可能

遺書に未成年者への相続の内容が書かれている時に、特別代理人の選任申立手続きは相続人の中に未成年者がいる時や身体障害者や、精神障害者の相続人が遺産分割協議に参加できない時に使用することになります。

相続の放棄はなくなった日から3ヶ月の間に相続放棄の申請を行うことが求められます。

しっかりとした遺書を書きたいとき、または初めての方は必ず専門家に相談し、自分に有利な相続を行うことをおススメします。

またこの相続の権利から自分で解決できない方は自分なりにしっかり解決をしていくことをおススメします。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

大変お世話になりました。大変になるであろうと予想される相続税の申告でしたので、私なりに色々調べてチェスターさんにお願いすることにしました。 常に謙虚で丁寧な対応、たくさんの知識をお持ちで、少しでも相続税を減らそうと努力して下さる姿勢に、税理士さんの見 […]

不慣れな事で、わからない事にも迅速にご対応いただき、心強かったです。ありがとうございました。

相続税についての知識もなく、期限も(納税の)1ヵ月もなかったのでバタバタでしたが わかりやすい説明だったのでとても安心できました。 今日、ファイルが届き、保存するにもあとから確認するにも明確に作っていただきとても助かります。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る