年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

葬式の一般的な挨拶

葬式の一般的な挨拶

葬式の一般的な挨拶

葬儀における挨拶には、それぞれの立場によって、様々なパターンがあります。

喪主や遺族による遺族側の挨拶や、弔問者によるお悔やみの言葉等がありますが、どちらの際も、忌み言葉に気をつける必要があります。

忌み言葉とは、葬儀の席において不吉な意味を連想させる言葉を指しますが、死や病気が繰り返されないよう、縁起を尊重するといったことからも、不幸が繰り返されるといった意味合いを持つ、重ね重ねやたびたび等の繰り返し言葉は、弔辞では使用しません。

葬儀の終盤において喪主が会葬者に対して挨拶を行いますが、冒頭の挨拶を始まりに、故人との思い出に触れ、生前に故人が会葬者やその他の方から受けた恩恵やご厚情への御礼、残された遺族に対するご支援への改めた御礼を述べる必要があります。

また、故人を送る最後の言葉となる弔辞を述べる場合、ゆっくりと話すことを心がけ、自分の言葉で故人に語りかけるような内容や、故人の人となりを紹介するような内容を織り交ぜ、スピーチを行わなければなりません。

 

相続専門の税理士監修!
相続税について丸わかり!

関連性が高い記事

密葬でも香典が必要か?

密葬でも香典が必要か? 近年「密葬」あるいは「家族葬」と呼ばれる簡易な葬儀が増えています。 様々な儀礼を省いた葬儀方法です。 密葬ないしは家族葬が増加した理由としては、特別な事情で公に葬儀を行うことが出来ないといったケースもありますが、多くは近しい身 […]

お墓、墓地の相続税評価

お墓、墓地の相続税評価 相続税の納付にあたっては、相続財産を評価することが必要となります。 相続財産は原則として、相続開始時の時価で評価することとなっています。 そして時価評価の基準は、公平な課税徴収のために、国税庁のルール(財産評価基本通達)に従う […]

法事の費用について

法事の費用について 四十九日や一周忌といった法事を行う際には、会食や引き出物に要する費用はもちろん、それ以外にも様々な面で費用が必要となります。 例えば、新しい仏壇や墓、位牌、仏像、塔婆等を購入する場合、僧侶にお願いし、開眼供養を行わなければなりませ […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る