相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

葬式の一般的な挨拶

葬式の一般的な挨拶

葬儀における挨拶には、それぞれの立場によって、様々なパターンがあります。

喪主や遺族による遺族側の挨拶や、弔問者によるお悔やみの言葉等がありますが、どちらの際も、忌み言葉に気をつける必要があります。

忌み言葉とは、葬儀の席において不吉な意味を連想させる言葉を指しますが、死や病気が繰り返されないよう、縁起を尊重するといったことからも、不幸が繰り返されるといった意味合いを持つ、重ね重ねやたびたび等の繰り返し言葉は、弔辞では使用しません。

葬儀の終盤において喪主が会葬者に対して挨拶を行いますが、冒頭の挨拶を始まりに、故人との思い出に触れ、生前に故人が会葬者やその他の方から受けた恩恵やご厚情への御礼、残された遺族に対するご支援への改めた御礼を述べる必要があります。

また、故人を送る最後の言葉となる弔辞を述べる場合、ゆっくりと話すことを心がけ、自分の言葉で故人に語りかけるような内容や、故人の人となりを紹介するような内容を織り交ぜ、スピーチを行わなければなりません。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る