年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

相続に関する情報を調べていると必ず目にする「直系尊属」という言葉。普段、聞いたことのないような表現なので、いったい何?誰のこと?と疑問に思いますよね。

相続に関する要件などで頻繁に登場する言葉なので、意味をしっかりと理解しておかないと色々と面倒なことになりかねません!そこで今回はこの「直系尊属」についてしっかりと

ご説明していきたいと思います。

1.直系と尊属

まずは、直系尊属のそれぞれの言葉の意味から確認してみましょう。

(1)直系とは

直系とは正式には「直系血族」を表します。血族ですから、血のつながりがある親族です。

そして、直系なので縦のラインをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

(2)尊属とは

尊属とは親、祖父母、叔父叔母などの血縁関係のある人で自分よりも上の世代の人を言います。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

(3)直系尊属

直系と尊属の意味が分かると、直系尊属の意味もご理解いただけると思いますが、直系尊属とは、縦のラインで繋がる血の繋がりがある上の世代の人ということになります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

上記の図でわかるように、叔父叔母は尊属ではありますが、直系血族ではありません。このような場合は傍系(ぼうけい)尊属といいます。

(4)この人は直系尊属?

① 兄や姉は直系尊属?

兄や姉は血縁関係はありますが、同世代という考え方になります。そのため、直系尊属には該当しません。もちろん、配偶者が年上だったとしても配偶者も直系尊属には該当しません。

② 配偶者の両親は直系尊属?

配偶者の両親は尊属ではありますが、直系ではありません。配偶者にとっては直系尊属となり、ご自身にとっては直系尊属にはならないということです。

③ 養子の場合の直系尊属は?

養子の場合、養父母は直系尊属になります。また、養父母の両親となる祖父母の場合も直系尊属となります。

2.直系尊属から財産を受け取る場合

遺産を相続する人を相続人といいますが、相続人には順位があります。直系尊属から遺産を相続するという場合、相続人は第1順位である子(孫)になります。

つまり、特に直系尊属から相続するから何かになるということはありません。しかし、贈与の場合は贈与税の税率に違いが生じます。

直系尊属からの贈与の場合、「特例税率」という税率が設定されています。贈与税を計算する際に、贈与した人(贈与者)が直系尊属の場合には「特例税率」をかけて贈与税を算出します。

ただし、特例贈与は受贈者(贈与をされる人)が贈与の年の1月1日時点で20歳以上のであることが条件となります。直系尊属から20歳未満(贈与された年の1月1日時点)の人に贈与する場合は一般税率になります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

3.直系尊属が財産を受け取る場合

では、直系尊属が相続人となる場合について考えてみましょう。被相続人からみて、直系尊属となる人は父母(祖父母)です。相続人の順位は第2順位となります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

直系尊属が相続できるパターンとしては以下の2通りが考えられます。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!
相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

第2順位である直系尊属には遺留分(最低限相続できる相続分)があります。直系尊属の遺留分は相続財産の1/3です。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

4.直系尊属と代襲相続

代襲相続とは相続人となる人が既に他界している場合に、代わりに相続することを言います。この代襲相続は相続開始前に相続人となる第1順位の子や第3順位の兄弟姉妹が既に他界している場合、その子が代わりに相続することを認めている権利となります。

そのため、直系尊属の代襲相続は民法上では想定されていません。

被相続人に妻子がいない場合で、第2順位である両親も既に他界している場合、祖父母が存命であれば、祖父母が第2順位となりますが、両親のどちらかが存命である場合には祖父母に相続の権利が移動することはありません。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

まとめ

今回は直系尊属についてまとめてみました。相続において直系尊属の位置や直系尊属が相続した場合の権利等についてご説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか?ご自身の直系(血のつながりがある縦のライン)で上の世代の方を直系尊属と言います。直系尊属から相続した財産の場合、何か特別なことはありませんが、贈与の場合には税率が変わりますので直系尊属を理解しておいてください。

関連性が高い記事

原戸籍(改製原戸籍・はらこせき)とは!?

原戸籍(はらこせき)と言う言葉、聞いたことはありますか?正確には改正原戸籍(かいせいげんこせき)と呼ばれるものですが、これは相続の際必要となってくるものの一つです。 戸籍法の改正によって戸籍の様式が変更されるたびに、記載される情報が少しずつ変わってく […]

姻族関係終了届とは

姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]

代襲相続と法定相続人の人数

1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る