相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で5万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

相続に関する情報を調べていると必ず目にする「直系尊属」という言葉。普段、聞いたことのないような表現なので、いったい何?誰のこと?と疑問に思いますよね。

相続に関する要件などで頻繁に登場する言葉なので、意味をしっかりと理解しておかないと色々と面倒なことになりかねません!そこで今回はこの「直系尊属」についてしっかりと

ご説明していきたいと思います。

1.直系と尊属

まずは、直系尊属のそれぞれの言葉の意味から確認してみましょう。

(1)直系とは

直系とは正式には「直系血族」を表します。血族ですから、血のつながりがある親族です。

そして、直系なので縦のラインをイメージしてもらえるとわかりやすいです。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

(2)尊属とは

尊属とは親、祖父母、叔父叔母などの血縁関係のある人で自分よりも上の世代の人を言います。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

(3)直系尊属

直系と尊属の意味が分かると、直系尊属の意味もご理解いただけると思いますが、直系尊属とは、縦のラインで繋がる血の繋がりがある上の世代の人ということになります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

上記の図でわかるように、叔父叔母は尊属ではありますが、直系血族ではありません。このような場合は傍系(ぼうけい)尊属といいます。

(4)この人は直系尊属?

① 兄や姉は直系尊属?

兄や姉は血縁関係はありますが、同世代という考え方になります。そのため、直系尊属には該当しません。もちろん、配偶者が年上だったとしても配偶者も直系尊属には該当しません。

② 配偶者の両親は直系尊属?

配偶者の両親は尊属ではありますが、直系ではありません。配偶者にとっては直系尊属となり、ご自身にとっては直系尊属にはならないということです。

③ 養子の場合の直系尊属は?

養子の場合、養父母は直系尊属になります。また、養父母の両親となる祖父母の場合も直系尊属となります。

2.直系尊属から財産を受け取る場合

遺産を相続する人を相続人といいますが、相続人には順位があります。直系尊属から遺産を相続するという場合、相続人は第1順位である子(孫)になります。

つまり、特に直系尊属から相続するから何かになるということはありません。しかし、贈与の場合は贈与税の税率に違いが生じます。

直系尊属からの贈与の場合、「特例税率」という税率が設定されています。贈与税を計算する際に、贈与した人(贈与者)が直系尊属の場合には「特例税率」をかけて贈与税を算出します。

ただし、特例贈与は受贈者(贈与をされる人)が贈与の年の1月1日時点で20歳以上のであることが条件となります。直系尊属から20歳未満(贈与された年の1月1日時点)の人に贈与する場合は一般税率になります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

3.直系尊属が財産を受け取る場合

では、直系尊属が相続人となる場合について考えてみましょう。被相続人からみて、直系尊属となる人は父母(祖父母)です。相続人の順位は第2順位となります。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

直系尊属が相続できるパターンとしては以下の2通りが考えられます。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!
相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

第2順位である直系尊属には遺留分(最低限相続できる相続分)があります。直系尊属の遺留分は相続財産の1/3です。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

4.直系尊属と代襲相続

代襲相続とは相続人となる人が既に他界している場合に、代わりに相続することを言います。この代襲相続は相続開始前に相続人となる第1順位の子や第3順位の兄弟姉妹が既に他界している場合、その子が代わりに相続することを認めている権利となります。

そのため、直系尊属の代襲相続は民法上では想定されていません。

被相続人に妻子がいない場合で、第2順位である両親も既に他界している場合、祖父母が存命であれば、祖父母が第2順位となりますが、両親のどちらかが存命である場合には祖父母に相続の権利が移動することはありません。

相続時に耳にする直系尊属って誰のこと?直系尊属を説明します!

まとめ

今回は直系尊属についてまとめてみました。相続において直系尊属の位置や直系尊属が相続した場合の権利等についてご説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか?ご自身の直系(血のつながりがある縦のライン)で上の世代の方を直系尊属と言います。直系尊属から相続した財産の場合、何か特別なことはありませんが、贈与の場合には税率が変わりますので直系尊属を理解しておいてください。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 ならおまかせ!
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

山本さんは無料相談の時点から一貫してしっかりと私の話を聞いてくれました。そして毎回何が問題かを整理して頂きました。私は、その都度絡まった糸が解けるが如く相続の重圧が少しづつ軽くなっていく様に感じました。また、税に対して無知な私の質問にも私に理解出来る […]

2017~2019年にかけて大変お世話になり誠にありがとうございました。 「遺産相続」という言葉でさえ縁遠いものでしたので全てをお任せすることとなりましたが、 丁寧な対応と適格な説明をしてくださる担当者様でしたので、心から信頼できました。 また担当者 […]

全般を通して、迅速かつ誠意を持った対応をしていただきました。特に疑問点に対して素早いレスポンスをいただき、全くストレスを感じることなく手続きを進めることができました。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る