相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

自筆証書遺言の家庭裁判所での検認

自筆証書遺言の家庭裁判所での検認

自分にとって不都合な内容が書かれていないか心配で、相続人の中の1人が勝手に遺言書を開封してしまうような場合も実際にあります。

遺言書の保存を確実にして後日の変造や隠匿を防ぐためには、遺言書の開封は、証人がいる家庭裁判所で行うことが必要です。

自分に不利な内容の遺言が書かれていないか確認するために封印されている遺言書を相続人が勝手に開封してしまえば、どのようなことになるのでしょう。

民法は遺言の執行のためには、公正証書遺言を除き、家庭裁判所で検認の手続きを経なければならないとしています。

そして、封印のある遺言書は、家庭裁判所において相続人又はその代理人の立ち会いがなければ、開封することができないこととしています。

検認とは、遺言書の保存を確実にして後日の変造や隠匿を防ぐ一種の証拠保全手続きです。

そのため、変造や隠匿のおそれが極めて少ない公正証書遺言の場合には検認手続きは不要とされていますが、自筆証書遺言や秘密証書遺言では検認手続きが必要です。

検認を怠ったり、封印のある遺言書を検認手続きを経ないで開封したりすると、それぞれ5万円以下の科料が課せられます。

しかし、検認手続きを怠り、あるいは検認手続きを経ずに開封しても、その遺言の有効性に影響は与えません。

つまり、遺言が要件を満たしている限り、有効なのです。

さて、遺言書の保管者又は遺言書を発見した相続人はどのようにそれを扱わねばならないのでしょうか。

遺言者の死亡を知った後、遅滞なく遺言書を家庭裁判所に提出して、その「検認」を受けなければなりません。

検認は遺言書の有効・無効を判断するものではありませんが、検認を受ければ、遺言の内容を勝手に変えることはできなくなりますし、ましてや破り捨てや、燃やされたとしても、遺言内容が消失してしまうことはありません。

ところで、最近では信託銀行が遺言を預かり執行を代行する「遺言信託」の利用が広がっています。

遺言信託は、信託銀行が公正証書遺言の作成を手伝い、保管するというものです。

そのため、紛失や盗難の心配がなく、公正証書遺言であるから、相続人が死亡したときにも、家庭裁判所の検認の必要はありません。

また、信託銀行は、遺言に基づき遺産を配分する遺言執行までを引き受けます。

遺言信託は、遺言の方式としては公正証書遺言として扱われます。

こうしたサービスを利用するのも、1つの方法です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

1.税理士さんへのご相談は、初めての経験で、戸惑いがありましたが、無料相談で初めてお伺いした時、  親しみ易い方でしたので、税理士さんに抱いていたイメージがいい方向に変わりました。   話しやすかったと思います。 2.業務については、初回以外は全てメ […]

1.担当の方はもちろん、すべての職員の方が私たちに対して暖かいのが伝わる。 2.小さな疑問、質問にも丁寧にわかりやすく説明してもらえて、  私たちにいつもよりそってもらえたことが、心強い。 3.すべてにおいて感謝の気持ちでいっぱい。  私たちのように […]

ご担当の方が途中で退職とのことでしたが、最終までやりきっていただけて感謝しています。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る