相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

損害賠償責任と相続税

損害賠償責任と相続税

ここでは、交通事故などの損害賠償責任と相続税の関係性を見ていきます。

交通事故にあって被相続人が死亡した場合、その加害者から遺族が受け取る損害賠償金についての相続税は次のように取り扱われます。

まず、原則として交通事故で被相続人が死亡した場合でも、相続人などの遺族が加害者から受け取る損害賠償金には相続税が課税されません。

また、この損害賠償金は遺族の所得として見なされますが、法律によって定められているとおり、損害賠償金は非課税ですので、その他の税金も加算されません。

被相続人が死亡したあとに受け取る損害賠償金についてはこのように定められています。

ただし、被相続人が死亡する前にすでに受け取る事が決まっていた損害賠償金についてはこの限りではありません。

被相続人が生前から受け取る事が決まっていた損害賠償金を受け取らないまま死亡してしまい、被相続人の死後その支払いが発生した時は、損害賠償金を受け取る権利を相続人が相続したと見なされ、相続税が課税される事になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

この度は大変お世話になりました。 無事に相続税を納めることができて、安堵しております。 また何かありましたら御相談させて頂きたく思います。ありがとうございました。

いろいろと細かく説明していただき満足しています。 何度も足を運んで下さり、女性の方ばかりでしたので、安心してお話が聞けました。 ありがとうございました。

相続税の申告という初めての経験で、不明な点が多く、とても不安でした。 直接ご担当者様と会って話をしたのは、面談の際の一度だけでしたが、 私のわからない事も、メールのやりとりで丁寧におしえていただき、本当にプロにまかせて良かったと感じました。 申告後に […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る