相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

許可申請中の公益法人と相続税

自分が死亡したら、その財産のすべてもしくは一部を公益法人に寄付したい、と思っている人は少なからずいるでしょう。

正式に遺言を残していた場合はもちろん、遺言には残されていなくともその意思を遺族が引き継いで、被相続人の死後その財産を公益法人に寄付、贈与するという場合、特にその公益法人が認可申請中で、成立していない場合の相続税の取り扱いについてどのようになるのか、簡単にご紹介します。

遺言によって公益法人に財産を寄付した場合、相続税は課税されないと言うことが定められていますが、もしも遺言が残されていない場合は遺贈によってその公益法人が財産を取得したとみなされ、相続税が課税されることになります。

更に、その相続が開始した時点で対象となる公益法人が認可申請中であった場合の取り扱いについては、以下の通りです。

この場合、相続税法第66条4項の適応を受けない場合は、その公益法人は個人とみなされるため、相続税が課税されることになります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いろいろ心配もありましたが、いつも丁寧にきっちり対応して頂き、大変感謝しております。ありがとうございました。

丁寧に対応して頂きました。ありがとうございました。

全てが初めての事だったので、比較対象が無いので、はっきりとは言えませんが、 わかりやすく説明されて、納得したので満足しています。有り難うございました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る