相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

含み損のある不動産を売却して自社株評価の純資産を減らせ

含み損のある不動産を売却して純資産を減らせ

このような不動産は売却したほうが株式評価額を引下げられる可能性があります。

類似業種比準価額算定上は、明らかに評価額を引下げられます。

類似業種比準価額における純資産は帳簿価額に基づき計算されるため、例えば帳簿価額1億円の不動産を4千万円で売却した場合には単純に6千万円圧縮され、圧縮後の純資産を使用して類似業種比準価額を計算することができます。

また、純資産だけでなく売却したことにより売却損失が計上され利益も圧縮することができるため、純資産及び利益の双方から類似業種比準価額を引き下げることができます。

次に純資産価額についてですが、純資産価額は会社保有のすべての資産を相続税評価額に引き直します。したがって、含み損のある不動産については純資産価額算定上含み損を実現することが出来るため売却しても純資産の圧縮には成功しません。

また、売却金額よりも相続税評価額の方が高い場合には逆に純資産価額が高くなってしまいます。

ただし、会社が他に含み益のある不動産や株式を保有している場合には、含み損のある不動産を売却せずに保有していた時に、その含み益と含み損が相殺されてしまうため『評価差額に対する法人税等相当額』を最大限控除できなくなってしまうため、含み損のある不動産を売却したほうが有利となる可能性もあります。

上記のように、単純に含み損のある不動産を売却したら必ず株式評価額を引下げられるわけではないため実行前に試算するように心掛けましょう。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る