相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

医療法人にかかる相続税

医療法人にかかる相続税

医療法人において、理事長が亡くなってしまった場合、後継者を決めて医療法人を継承しなければなりませんが、その場合に大きく2つの問題が発生します。

まずは誰に継承させるかと言うことです。

医療法人の場合、理事長は医師もしくは歯科医師でないと就任することができません。

もう一つの問題としては、医療法人の出資持分や理事長が持っていた財産を誰が相続するのかと言うことです。

この相続を行う際には、相続税が発生しますが、あまりにも高額の相続税を支払ってしまうとその後の医療法人の運営に影響しかねません。

通常、医療法人では医療法によって配当が禁止されていますので、医療法人が得た利益は外部に流出することなく、そのまま医療法人の財産として蓄積されていきます。

ですので、相続を行う際に改めて計算してみるととんでもなく高額になっている場合も少なくありません。

この医療法人の財産が多ければ多いほど、相続時にかかる相続税も増えてきますので、多くの医療法人では相続税対策を行っています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

何もわからなかったのですが、親切に相談にのっていただき、とても助かりました。ありがとうございました。 もしこれからも何かあったら相談してもいいでしょうか。よろしくお願いします。

相続についてネットで調べてみたものの分からないことばかりで困っていましたが御社に依頼して安心でき良かったです。 必要書類の確認をしていくなかで気付いた問題にも丁寧に対応して頂き、ありがとうございました。

すっきりとした態度と仕事振りで、緊張感もなく何でもお話しすることが出来ました。 大変な仕事でしたが、スムーズに処理して頂けましたことに感謝致します。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る