相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

医療法人にかかる相続税

医療法人にかかる相続税

医療法人において、理事長が亡くなってしまった場合、後継者を決めて医療法人を継承しなければなりませんが、その場合に大きく2つの問題が発生します。

まずは誰に継承させるかと言うことです。

医療法人の場合、理事長は医師もしくは歯科医師でないと就任することができません。

もう一つの問題としては、医療法人の出資持分や理事長が持っていた財産を誰が相続するのかと言うことです。

この相続を行う際には、相続税が発生しますが、あまりにも高額の相続税を支払ってしまうとその後の医療法人の運営に影響しかねません。

通常、医療法人では医療法によって配当が禁止されていますので、医療法人が得た利益は外部に流出することなく、そのまま医療法人の財産として蓄積されていきます。

ですので、相続を行う際に改めて計算してみるととんでもなく高額になっている場合も少なくありません。

この医療法人の財産が多ければ多いほど、相続時にかかる相続税も増えてきますので、多くの医療法人では相続税対策を行っています。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

HPの問合せから丁寧に対応して頂きました。税務処理も滞りなく進み、当方の相談にも親切丁寧にお答え頂き、不安や悩みなどの解消に繋がりました。心より御礼申し上げますと共に、貴社のご発展をお祈り申し上げます。

丁寧な説明と素敵な笑顔の担当者の方で、遠方にもかかわらず私の話も時間を惜しまず聞いてくださいました。ありがとうございました。 何度か電話もかけたのですが、その対応も良く、無事手続きが終了してチェスターにしてよかったと思っております。

(1)こちらの疑問に対して何度でも丁寧な説明や適切かつ迅速な対応があり、ありがたかったです。相続は何度も経験することではなく、積極的に関わりたいと思い、たくさん質問しましたが、心良く付き合ってくださいました。 (2)マンション2室の土地評価と預金移動 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る