相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

農業相続人とは

農業相続人とは

被相続人が農業を営んでいた場合、後を継ぐ者がいるかいないかでは大きな違いが出てきます。

相続人でその農地等を取得し、相続税納税期限までに農業を開始し、その後もその農地で引き続き農業を営んでいくと認められた人のことを農業相続人といいます。

農業相続人は、その農地の農業投資価格で評価した価額を超える部分に対応する相続税額の納税を猶予されるという特例を受けることが出来ます。

その猶予分は農業相続人が死亡し次の世代への相続が発生した場合、農業後継者に対する生前一括贈与が行われた場合、農業相続人が相続申告期限から20年以上農業を続けていた場合などには免除されますが、農業をやめた場合、農耕地を売却、譲渡した場合などには猶予分の相続税を納税しなければなりません。

また、以前はこの農地を貸し付けることは出来ず、貸し付けたと同時に猶予分を納税しなければいけませんでしたが、現在は貸し付けもできるようになりました。

しかしこの場合この農地での農業継続期間はは20年間ではなく、終身的に継続させなければ免除は受けられません。

贈与を受ける人にも条件があり、推定相続人である事が必要となります。これらについては農業委員会が証明しなければならないと定められていますから、証明するための書類の作成が必要となります。あらかじめ準備しておく必要があります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

初回の打合せから最終の申告、報告まで適格な業務にタイムリーな作業の完成度の高さに十二分に満足しております。 ありがとうございました。

説明の正確さ、見通し、約束等全て発言通りに進めて頂いた。

最初に依頼した税理士さんに疑問を感じ、悩んだ末話だけでも聞いてみようとチェスターさんの無料面談を受けました。親切で丁寧な対応とわかりやすい説明で、同じ税理士さんでもこんなにも違うものかと大変驚きました。最初の印象は最後まで変わることなくいつも誠実に対 […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る