相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

制限納税義務者とは

日本の法律において、納税義務者は無制限納税義務者と制限納税義務者に分類されますが、その課税対象に特定の条件が定められているのが制限納税義務者です。

制限納税義務者の課税対象となるのは、例えば外国籍の日本に拠点を持っている企業などにおいては、日本国内の源泉収入のみが対象となります。

また、公共法人などにおいては、利益の発生する活動を行った場合、その利益から生まれた財産に対してのみ課税されると言った具合に、その対象者の特定の条件を満たす財産だけが課税対象となるということです。

相続税法においては、納税義務者の一つのカテゴリとして制限納税義務者というものが存在します。

相続、もしくは死因贈与を含む遺贈によって、日本国内にある財産を取得した人で、その時点で日本国内に住所がない人のことを指しますが、住所がない期間がその時点で5年を超えているとこの制限納税義務者に分類されます。

住所がない期間が5年以内の場合は、非居住無制限脳性義務者に分類されるという、少しややこしいシステムです。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

父の時にしっかりした対応をして頂いたので、母が亡くなった時も対応、処理がスムーズでした。

相続人の間でなかなか話し合いのできないことも、 プロとして中立的な視点で間に入っていただき、大変助かりました。 初めてのことで不安も多かったのですが、とても丁寧に対応していただき、安心してお任せすることができました。

相続手続きについてその手順、要点を分かり易く説明して下さり、こちらの理解も深まりました。また必要な資料収集、整理等についても作業がスムーズに捗り大変ありがたかったです。担当者が男女二人おられた点も場の雰囲気が和らぎ、話し易く良かったと思います。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る