相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

業務上の死亡の場合の相続税

業務上の死亡の場合の相続税

通常、被相続人が亡くなり、葬祭を行うための費用(葬祭料や花輪代など)や、弔慰金については、相続税の対象外となり非課税です。

しかし、名目は弔慰金であっても、事実上は退職金などの手当てだと認識されれば、これは課税対象となってきます。

また、弔慰金でも、一定額を超過した場合は課税対象となります。

被相続人が、業務上の死亡であった場合と、業務上に関わる死亡ではない場合とで、上限の金額が異なってきます。

まず、業務上の死亡の場合には、会社から支給される弔慰金が死亡した当時の普通給与3年分を下回っていれば、課税対象にはなりませんが、超過した部分に関しては、退職金手当てとしてみなされ、相続税が発生します。

また、業務上の死亡でない場合は、死亡当時の普通給与の半年分以下であれば相続税対象外となりますが、それを上回った部分に相当する金額は課税対象となります。

なお、上記の「普通給与」とは、扶養手当や勤務地手当などの手当てを含めた給料や賃金の合計額のことです。

専門相談員が無料でお話を伺います
相続手続き 遺言書作成 などでお困りの方へ
「相続」 に関する 無料相談 受付中!
専門相談員が無料でお話を伺います
0120-992-430
受付時間 – 平日 9:00 – 18:00 / 土日祝 9:00 –17:00
※こちらからのお問い合わせは、税理士法人チェスターが運用を委託しています、東証一部上場「鎌倉新書」の相続専門相談員が相続に関するお悩みをお聞きします。

相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

来宅された、橋本様石川様より丁寧な説明を頂き安心してお願い致しました。 何回かのやりとりの上、無事に相続を終えることが出来ました。 相続の分からない私には、良い方を紹介して頂いたと感謝しております。有り難うございました。

必要書類を集めるのに苦労しましたが、こちらの希望に沿って手ぎわ良くして下さったと思います。 説明がクリアーですぐ納得することが出来ました。優秀な方だと思います。

昨年は、義母に続いて実父の相続もしていただきました。 両方とも専門知識の豊富さに、脱帽いたしました。(特に義母に関しては素晴らしかったです) 私の相続のときもよろしくお願いします。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国7拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る