年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

業務上の死亡の場合の相続税

業務上の死亡の場合の相続税

業務上の死亡の場合の相続税

通常、被相続人が亡くなり、葬祭を行うための費用(葬祭料や花輪代など)や、弔慰金については、相続税の対象外となり非課税です。

しかし、名目は弔慰金であっても、事実上は退職金などの手当てだと認識されれば、これは課税対象となってきます。

また、弔慰金でも、一定額を超過した場合は課税対象となります。

被相続人が、業務上の死亡であった場合と、業務上に関わる死亡ではない場合とで、上限の金額が異なってきます。

まず、業務上の死亡の場合には、会社から支給される弔慰金が死亡した当時の普通給与3年分を下回っていれば、課税対象にはなりませんが、超過した部分に関しては、退職金手当てとしてみなされ、相続税が発生します。

また、業務上の死亡でない場合は、死亡当時の普通給与の半年分以下であれば相続税対象外となりますが、それを上回った部分に相当する金額は課税対象となります。

なお、上記の「普通給与」とは、扶養手当や勤務地手当などの手当てを含めた給料や賃金の合計額のことです。

関連性が高い記事

弔慰金の相続税の非課税

弔慰金の相続税の非課税 弔慰金とは、亡くなった方への弔意を表すために遺族に贈るお金のことです。 弔慰金は基本的に相続税は非課税となっています。 また、弔慰金だけでなく、花輪代なども相続税の対象にはなりません。 しかし、弔慰金の名目であっても、実質的に […]

退職手当と支払調書

退職手当と支払調書 支払調書と言うのは、例えば会社などが社員に対して給与などを支払う場合に、支払った対象は誰であるか、いくらの給与を支払ったのか、税金はいくら控除されたのか、など、必要事項を記入して税務署などに提出するもののことです。 源泉徴収の元と […]

相続税法における弔慰金等の取扱い

被相続人が亡くなると、相続人が、各方面から様々な弔慰金を受けます。 これには、香典や花輪料、葬祭料などの名目で支払われる金銭が該当します。 また、サラリーマンが亡くなった場合には、雇用主からも弔慰金が支払われることがあります。 以下では、こういった弔 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国5拠点

0120-888-145 ※全国5拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国5拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る