相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続を放棄した者にかかる相続税

相続を放棄した者にかかる相続税

故人の遺産を相続した際に発生する相続税ですが、もしも相続放棄をした場合、その相続税は誰にかかってくるのでしょうか?

当然のことながら、相続を放棄した者に相続税を支払う義務はありません。

もしも複数人数の相続人がいて、その中の一人が相続を放棄したとしても、残った相続人が支払わなければならない相続税の金額は一律です。

さもなければ、相続を放棄する事によって納税義務者が脱税する事も可能になってしまいます。ですので、相続放棄を申告した人は、初めから相続人ではなかったと見なされ、何の権利も義務も発生しないということです。

当然、その他の相続人の相続税の金額にも影響を与える事はありません。

ですが、相続を放棄しても相続税が課税される場合もあります。

それは、相続人が相続放棄をしても、故人の生命保険を受け取る場合です。生命保険の受取人がその相続人になっていた場合、他の相続分を放棄したとしても、その生命保険に相続税が課税され、支払い義務が生まれてきます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の申告は初めての経験で不安でしたがとても丁寧に対応していただき、 安心してお願いすることができました。大変お世話になり、有難うございました。

時間が無い中、まとめていただき助かりました。

全く遺産相続などわからない私達に親切に細かく教えていただき感謝しています。 電話の応対伝言などもきちんとしていただきました。 又不動産の事でお世話になると思います。よろしくお願いします。 他の事で相談質問をしましたが気持ちよく答えて下さいました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る