相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

退職手当と定期金の評価

企業に勤めている人が死亡した場合、退職手当など諸手当を雇用主から年金のように定期金として受け取る場合があります。

そのような場合、相続税法上での評価はどのようになるのでしょうか。

この退職手当金などは、一時金でもらっても定期金として受け取っても同じように評価されます。

これらを相続人が受け取る場合、相続で取得したものとみなされ、相続税が課税される事になるのです。

ちなみに、その評価額は受け取った額全部になるのですが、相続人がこれらの手当てを受け取った場合、相続と見なされても一定額は非課税となります。

その非課税限度額は、500万円×法定相続人の数で算出することができます。

もしも受け取った手当てがその額より少なければ、受け取った金額全て非課税となり、相続税を支払う必要はありません。

もしもその額より多くの手当てを受け取っている場合は、その額を超過した分の金額から相続税が算出されることになります。

自分の場合はどのようになるのか、きちんと計算して納税するようにしましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

松島さんはとても話し易くて、担当者になっていただき本当に良かったです。こちらは全く無知で恥ずかしい位ですが、何を聞いてもソフトに答えて下さり、家庭教師のお兄さんみたいな感じで、税理士=バリキャリみたいなイメージとは違って、とても助かりました。聞き易い […]

こちらからの質問に対しても迅速、かつ、ていねいな対応をしていただいたので。

わからないとこばかりで、心配や不安の日々でしたが、遠方からの依頼も引き受けて頂き、ありがとうございました。本当に助かりました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る