相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

在外財産の相続税評価

在外財産の相続税評価

財産を相続する際に、その財産の所在は相続税の課税対象となるかどうかに影響するのでしょうか?たとえば、海外にある在外財産などの取り扱いですが、日本と同様相続税が課税されてくるのでしょうか。

このことについては、相続税法において規定されていますのでご紹介します。

まず、相続人の住所が日本国内にある場合、相続する財産が海外にある不動産などだとしても、その財産には日本の相続税法にのっとって相続税が課税されることになります。

次に、被相続人の住所が日本にある場合、もしくは日本国外に住所が移動してから5年以内の場合は、相続人の住所が国外にある場合でも相続税が課税されることになっています。

また、相続人と被相続人の住所が日本国内にない期間が、相続が発生した時点で5年以上経過している場合は、相続税課税の対象となりません。

財産の所在がどこにあるかにかかわらず、相続人もしくは被相続人の住所が日本国内にあるか国外にあるかによって相続税が課税されるかどうかが変わってくるので注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

土地の評価については、プロフェッショナルなお立場から、種々ご検討いただき、特定路線価の設定申請が最適とのご判断のもと、納得感のある税の申告につながった。 貴法人は、専門書も多数出されておられ、国税当局からの信頼も厚く、安心してお願いできる先と感じまし […]

初歩的な質問に対してもていねいに回答いただきました。

書類etcに対する指示(捺印指示、記入指示、返送指示)が的確でまよう事なく処理できました。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る