相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料相談電話

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

外国債券の相続税評価についての実務上取り扱い

相続財産の中に外国債券があった場合にはどのように評価を行えばよいのでしょうか。
結論から言うと、特に国内の債券と評価方法が異なることはありません。
念のため以下で確認しておきましょう。

1.外国債券とは

債券とは企業や国・国際機関などが投資家から直接お金を集めるために発行するものです。
この債券の中で、外貨建てのもののことを主に外国債券と呼びます。

2.外国債券の相続税評価

外国債券の相続税評価についてですが、日本の債券と同様で、以下の通りとなります。一旦、外貨ベースで相続税評価の計算を行い、最終段階で円貨換算を行います。

2-1.上場している利付公社債・割引公社債

『市場価格の最終価格+源泉税控除後の既経過利息の額』

市場価格の最終価格と、相続開始日時点での既経過利息の額の合計値が相続税評価額となります。

2-2. 売買参考統計値が公表される銘柄として選定された利付公社債・割引公社債

『市場価格の平均値+源泉税控除後の既経過利息の額』

2-3.その他の公社債

『発行価額+源泉税控除後の既経過利息の額』

2-4.その他の割引発行されている公社債

『発行価額+(券面額-発行価額)× 発行日から課税時期までの日数÷発行日から償還期限までの日数』

3.為替換算について

相続開始日時点のTTBレートにおいて換算を行います。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料相談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

両親を相次いで亡くし、相続金額も少額にもかかわらず、初回面談から親切丁寧に対応していただきました。 申告終了後に送られてくるファイルもすばらしいです。 ありがとうございました。

たくさんの案件をかかえていらっしゃる中、古い株価の評価にお時間さいていただき、恐縮です。 いつもお忙しそうな~でしたが、フォローも有りで、ぎりぎり、間に合いほんとうに、お世話になりました。

当初は自力で申告しようと思いネットでいろいろ調べていたのですが その調べ事の回答にチェスターさんのサイトがことごとくヒットしたのをきっかけに 初回相談の際からお願いすることを決めていました。 小柴様、菊本様の丁寧なご対応に毎回納得しながら事を進めるこ […]

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る