相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡

相続税に関する無料面談実施中

0120-888-145

平日 9時〜20時 土曜 9時〜17時

お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

海外資産の評価に用いるのはTTBとTTSのどちら?

海外資産の評価に用いるのはTTBとTTSのどちら?

まず、TTSとはTelegraphic Transfer Selling rateの略で、
円を外貨にする際に用いられる為替レートです。

それに対し、TTBとはTelegraphic Transfer Buying rateの略で
外貨を円にする際に用いられる為替レートです。

海外資産の評価に用いるのはTTBとTTSのどちらを適用するか、適用する為替相場は基本的に取引日の電信売買相場(TTB)の仲値である、TTMとなります。

しかし、継続適用を条件に、売上やその他の収益又は資産については取引日の電信売相場、TTBとなります。
TTBの他にも外国通貨買相場(Cash Buying)と呼ばれる外貨の現金を円貨に交換する場合に用いられる相場があり、TTBで換算するよりも低く評価できそうですが、財産評価にあたっては、統一的にTTBにより換算することとされています。
なお、課税時期に相場が無い場合には、課税時期前の相場のうち、課税時期に最も近い日の相場によります。

相場は、その企業の主要取引金融機関の相場を原則としますが、新聞等で入手する等、同一の方法による他の合理的な相場を継続適用できます。

企業が決算時に外貨建ての資産や負債を有する場合には、区分ごと、外国通貨の種類毎に円換算しなければなりません。
この換算により認識される損益は、翌事業年度の益損として計上します。

そのため、海外資産がある場合の計上方法は注意が必要です。

ちなみに、海外に保有する動産や不動産など、外貨預金と異なり金融機関を特定することができない場合は、相続人が既に取引している金融機関の公表するTTBの中から選択して評価に用いることができます。

東京・新宿・大宮・横浜・名古屋・大阪・福岡の全国7拠点で
「相続税」に関する無料面談受付中!

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る