相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

贈与財産の物納について

贈与財産の物納について

物納とは、相続税納付の際に金銭での納税が困難であると認められた納税者に対して、金銭以外の財産を用いて納税することを認めた特別措置の事を言います。

金銭での一括納付、もしくは延納と言って金銭による分割納付が困難である場合において、物納という方法を選択することができます。

相続税の申告を行う際に、同時に物納の申請を行い、一定の条件を満たせば金銭以外の財産を用いて納税を行うことができるようになります。

物納によって相続税を納付しようとする際、使用する財産には規定が設けられています。

使用できる財産は様々ですが、優先順位があり、一般的には有価証券や不動産などが優先的に物納財産として使用されます。

これらの財産が相続税の金額を満たしている際には、それを使用して相続税を納めることが可能であり、もしも差額が発生した場合はその差額が金銭によって還付されることになります。

物納財産の規定の一つに、贈与財産による物納はできないという者がありますので、贈与財産によって相続税を納付しようと考えている方は注意が必要です。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

丁寧に対応頂き感謝しております。 ただ思っていたより時間がかかり、お忙しい中ありがとうございました。

この度は、荒巻様、住田様のおかげで無事期限内に相続手続きが終わることができありがとうございました。 初回より丁寧な説明を頂き、ある程度理解できましたが、手続きが終わる迄の間、何度もメールでやり取りになり、迅速な対応で問題なく終えたことに感謝いたします […]

初めての経験でわからない事ばかりでしたが、とても丁寧にきちんとしていただけたので、とても安心してお任せすることが出来ました。思っていた以上にたいへんなのでやはりプロの方にお願いして良かったとつくづく思いました。長い間お世話になりどうもありがとうござい […]

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る