年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

相次相続控除とは

相次相続控除とは

相次相続控除とは

相続税法において定められている税額軽減措置はさまざまですが、その中の一つに相次相続控除という項目があります。

これは、性質としては二重課税を防ぐための物で、相続が発生して被相続人1の財産を相続した相続人が死亡してしまい、被相続人2となってしまうことによって、同じ財産に短期間の間で二度の相続税が加算されることになってしまうため、一度目の相続で相続税を納付した者については二度目の相続において相続した財産へ課税される相続税を控除すると定めているものです。

では、上記にある「短期間」というのは具体的にどのくらいの期間かというと、一度目の相続から10年以内に二度目の相続が起こった場合、二度目の相続についてはその相続税を一部控除することが定められています。

この相次相続控除における相続税の控除額には、それ専用の計算式がありますので、それに沿って二度目の相続においてどの程度の金額が控除されるのかを算出することができます。

関連性が高い記事

子が全額相続した場合の基礎控除

子が全額相続した場合の基礎控除 相続税には基礎控除額があり、5000万円+1000万円×法定相続人の数で算出されます。総財産からこの基礎控除額を差し引いて、さらに上回る分の財産にのみ相続税が課税されることになっています。 相続税は基礎控除額が大きいこ […]

修正申告時における配偶者税額軽減について

配偶者の税額軽減とは 相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。 この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に […]

相続税の配偶者の税額軽減の特例(配偶者控除)とは?

1.相続税が1億6千万円まで非課税になる!! 相続税法においては、たくさんの相続税控除制度が設けられていますが、その中の一つに、配偶者の税額軽減の特例という制度があります。これは、遺族になってしまう被相続人の配偶者に対する優遇措置で、被相続人亡きあと […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~21時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~21時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る