年間1000件を超える相続税申告の取り扱い実績

お気に入り
登録
お問い
合わせ

遺言書は相続へ影響

遺言書は相続へ影響

遺言書は相続へ影響

遺言書は相続への大きな影響を与えることになります。

そのため相続の分配が始める前にどこにあるのかを確認しておきましょう。

相続の手続きで遺言書があれば遺言書に沿って手続きを行っていきます。

遺言書の内容がAに分配してBには相続させない、又は皆に平等に分配するために遺言書の内容を十分に確認することが大切です。

相続手続きで遺言書があれば、しっかりと主張して相続をスムーズに行っていきましょう。

また故人がどこに遺言書を隠したのかを調べるために心当たりのある場所を探してみることが大切です。

心当たりがある場所は、金庫の中、神棚や仏壇の周り、郵便物や書類を確認する。

机の引き出しや、故人が使用していたファイルの中などを検索していきましょう。

遺言書を探し出す

故人によっては知り合いや専属の弁護士、税理士や行政書士に遺言書を託している方もいます。

故人ですので、本人の口からどこにあるのかをしっかり検討していく必要があります。

そのため自分で十分に確認して遺言書を探し出すことが大切です。

遺言書の有無を相続人の方が皆様で確認していきましょう。

遺言書を発見した時には自分で遺言書を確認しましょう。

アメリカや日本国外の諸外国では相続の際に遺言書が必ず必要になりますので必ず死に際に遺言書を書く習慣があります遺言書がない時には州の裁判によって相続を決められてしまいますので、日本と違い、遺言書がない時にはそれなりの覚悟を決めて未来のことを考えて、相続を行うために必要です。

故人の残した財産によっては相続の際の分配が困難なものもあります。

相続の際には他の相続人と話し合いを行う

専門家のアドバイスがあると解決しやすくスムーズに相続を行うことが出来ます。

特別代理人の選任を家庭裁判所の申し立てを行うこともできます。

相続の対象になるものには多数のカテゴリわけを行うことが可能になり、よりよい相続にはすべての相続人の方が知識を蓄えておくことが第一です。

土地、家、有価証券、銀行の貯蓄、自動車、バイク、金属、宝石、事業、船、飛行機、クルーザー所有している多くの私物から細かいものまで相続物になりますので、相続の際には他の相続人と話し合いを行い、しっかり相続を行っていくことが大切です。

分配が難しいものには分割方法を考え直す必要もあります。

そのため他の相続人同士で何度か話し合いを行う必要があり、それなりに専門的な意識を要している専門化との解決をおススメします。

相続人の調査から、相続できる物品の査定などを行うことが出来れば賢い相続を行うことが可能になります。

関連性が高い記事

包括受遺者とは

包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]

包括遺贈と特定遺贈の違い

包括遺贈と特定遺贈の違い 遺贈という言葉が何を意味してるかご存じでしょうか?遺贈とは、遺言によって被相続人が法定相続人に関わらずある特定の者に遺産を与えることを意味します。 遺言では被相続人の遺産処理の意思表示の権利を許されているので、その遺贈相手が […]

相続時精算課税制度と遺留分の関係

相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る