相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

相続人の数え方

相続人の数え方

相続税は5000万円+1000万円×法定相続人の数で控除額が決まるので、相続人の数で相続税額が変わってきます。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続人の数え方ですが、民法の規定により法定相続人になれる人は、配偶者、子供、父母、兄弟姉妹の4種類で、第一順位は配偶者と子供、子供がいない場合は父母が第2順位となり、子供もおらず父母も死亡している場合は被相続人の兄弟姉妹が第3順位で相続人となります。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続税控除額を多くする目的での養子縁組が行なわれないように、養子の数は実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までと定められています。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続税の総額は法定相続人がそのまま相続をしたと仮定され算出された額になります。法定相続人が相続を放棄した場合でもその総額自体に変動はありません。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

法定相続人が3人、遺言によりそのうちの一人が財産すべてを相続することになったとします。この場合の相続人の数え方ですが、最終的に財産を相続する1人ではなく法定相続人の3人が相続人として数えられ相続税が計算されます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

姉妹相続という案件に加え、複雑な親世代の土地問題もかかえていたので、困っていましたが、 丁寧な調査と説明をしていただき、助かりました。

細部にわたり丁寧にご対応頂き、ありがとうございました。  

主に松井さんと電話・メールでのお話が多かったのですが、 問い合わせに対し、非常に、わかりやすく、ていねい、誠実な対応をしていただきました。 こちらの理解不足から、同じ質問をすることも多かったのですが、気持ち良い対応をしていただきました。 初回の面談の […]

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

3密対策

ページトップへ戻る