相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

相続人の数え方

相続人の数え方

相続人の数え方

相続税は5000万円+1000万円×法定相続人の数で控除額が決まるので、相続人の数で相続税額が変わってきます。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続人の数え方ですが、民法の規定により法定相続人になれる人は、配偶者、子供、父母、兄弟姉妹の4種類で、第一順位は配偶者と子供、子供がいない場合は父母が第2順位となり、子供もおらず父母も死亡している場合は被相続人の兄弟姉妹が第3順位で相続人となります。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続税控除額を多くする目的での養子縁組が行なわれないように、養子の数は実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までと定められています。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

相続税の総額は法定相続人がそのまま相続をしたと仮定され算出された額になります。法定相続人が相続を放棄した場合でもその総額自体に変動はありません。

しかし相続が発生すると、誰が亡くなった人の法定相続人なのかを確認する必要があり、その際に通常の戸籍謄本ですと、過去の情報が分からないため、情報が不足することになります。

法定相続人が3人、遺言によりそのうちの一人が財産すべてを相続することになったとします。この場合の相続人の数え方ですが、最終的に財産を相続する1人ではなく法定相続人の3人が相続人として数えられ相続税が計算されます。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

相続税の申告が迫る中、短い期間で迅速に対応して頂きありがとうございました。 申告項目の一つ一つの根拠法文等をご説明頂き安心して申告を完了することが出来ました。

最初にお話しをさせていただいた時から、私の疑問に明確に答えていただき、安心してお任せすることができました。 お見積りの際には他社にもお話しを伺いましたが、他社ではそうはいきませんでした。どうもありがとうございました。

ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る