相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!
テレビ会議(またはお電話のみ)からのご契約で10万円割引中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合には、遺産はどのように処理されることになるのでしょうか。

通常は、遺言を残した方が亡くなったら、遺産は遺言によって示された受贈者、つまり受取人が受け取ります。

しかし、この遺言の効力は、遺言者が亡くなった時点で発揮され、その際には受贈者が存在していることが必須条件になりますので、受贈者が遺言者よりも先に亡くなっている場合には無効となります。

これについては、民法第944条で「遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない。

」と示されています。

このことから、同時死亡についても同様に、遺言者の死亡時に受贈者が存在していないことになるため、遺言の効力が無効となります。

このような場合の財産の受取人は、特に他の規定がない場合、相続人が受け取ることになります。

さまざまなトラブルを避けるためにも、遺言書を作る際には、受贈者が先に亡くなった場合についても記載しておくとよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

4月に父を亡くし、落ち着きを取り戻した8月初旬にインターネットで拝見し、アポイントを取り面談、その場で正式依頼しました。具体的にやる事を明確にしていただき(資料収集)、9月中旬に資料を持って打合せ、その後もメールで数回やり取りをさせてもらい、当初計画 […]

父親の死亡により相続する不動産が何点かあり、どの税理士さんにお願いするか迷っていました。 四大監査法人に勤務する息子と相談し、相続専門のチェスターさんに依頼することにしました。 若い方が多く経験不足がないか心配でしたが、色々な質問に対し、丁寧で適切な […]

他社との比較はできないが、対応がわかりやすく、丁寧で概ね満足できる。

カテゴリから他の記事を探す

無料面談のご予約・電話でのご相談もお気軽に。

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯 OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

面談時の
3密対策

ページトップへ戻る