相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合

受贈者が遺言者よりも先に死亡した場合には、遺産はどのように処理されることになるのでしょうか。

通常は、遺言を残した方が亡くなったら、遺産は遺言によって示された受贈者、つまり受取人が受け取ります。

しかし、この遺言の効力は、遺言者が亡くなった時点で発揮され、その際には受贈者が存在していることが必須条件になりますので、受贈者が遺言者よりも先に亡くなっている場合には無効となります。

これについては、民法第944条で「遺贈は、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない。

」と示されています。

このことから、同時死亡についても同様に、遺言者の死亡時に受贈者が存在していないことになるため、遺言の効力が無効となります。

このような場合の財産の受取人は、特に他の規定がない場合、相続人が受け取ることになります。

さまざまなトラブルを避けるためにも、遺言書を作る際には、受贈者が先に亡くなった場合についても記載しておくとよいでしょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

私が考えていた計算方法と違った方法の提示を頂きました。相談して良かったと思います。

いつも丁寧に対応して頂きました。 納税までスムーズに進んだと思います。

本日、相続税申告書及び評価資料ファイルを宅急便にて受け取りました。(8月23日) 平成30年1月26日の初回面談から予想していたより時間がかかり、精神的にきつい時もありましたが、担当していただいた河越さんの丁寧な対応を支えに今日を迎える事が出来たと思 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る