相続税の申告・相談なら年間申告実績1,500件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,519件(令和2年実績) 業界トップクラス
【全国7拠点】東京本店・新宿・横浜・大宮・名古屋・大阪・福岡
お電話

【全国対応】自宅に居ながら無料面談!5万円割引中

無料面談・ご相談や各種お問い合わせはこちら

相続による動産の名義変更方法

相続による動産の名義変更方法

相続による動産の名義変更の方法として土建物やマンションなどの不動産の名義変更とは違い、パソコンやテレビ、主有している車、他にもペットやコレクション、また腕時計や宝石やアクセサリーなども財産として認識します。

中でも車の名義変更などには収集するべき書類なども多く存在しますので名義変更を個人で行うことも可能ですが、それなりに時間と手間がかかる手続きになります。

必ず自分なりに整理をしておきましょう。

名義変更を行わないでそのままにしていればデメリットとして売買を行うことが出来なくなります。

また車や所有している乗り物は時代や年代によって差があり値段が安くなったり、高くなったりしますので、なるべく早く名義変更を行い柔軟に管理をしておくことをおススメします。

価値のある動産への対応

動産におけるコレクションや、価値のある財産、遺言書が見つかったときにはどのようにするのかも確認しておきましょう。

すべての相談に専門家が対応します。

初めてですべてを依頼して解決したい方は、簡単に解決をすることが出来るようになります。

自分で解決できるようにそれなりに研究していきましょう。

専門家のアドバイスのもとに解決をすることも可能で、早期の解決を行うことが可能になります。

例えば切手のコレクションなどは何年代にもわたって被相続人が収集し、価値が高くついている動産も多くあります。

また宝石などの動産にも鑑定などを行う必要があります。

動産の相続の際の料金

動産の状態によって料金が変わることがあります。

鑑定料金や、相談料などもかかる専門家もいますが、しっかり名義変更を間違いなく行うことが大前提です。

遺書が存在する時には、遺書が十分な効力を発揮してくれます。

そのため十分に遺書を的確に利用することが可能な内容であれば本人とっても有効に働きます。

財産の鑑定には年代や、故人の残したものにどのような財産があるのかを確認し、無記名債権も動産とみなされますので、細かい備品まで、遺産分割協議を行い、しっかり誰がどの動産を創造するのかを決めることも大切です。

相続後に動産が原因でトラブルになる事もあります。

そのため動産に関しても皆さんで分割協議を行い、後のトラブル回避を行いましょう。

特に車などの財産は高価な財産になりますので、どのように分割をするのか、専門家に相談することも大切です。

分割方法も何種類かあり、故人が残した財産によって容疑の内容、分割の内容が変化します。

皆さんでしっかり話し合ってください。

【相続実務アカデミー】実務向け最新の相続知識を無料で!!無料会員登録はこちら
【採用情報 - RECRUIT -】チェスターで一緒に働きませんか?相続業務の魅力・給与・福利厚生ectはこちら

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

カテゴリから他の記事を探す

お約束いたします

チェスターの相続税申告は、税金をただ計算するだけではありません。
1円でも相続税を低く、そして税務署に指摘を受けないように、
また円滑な相続手続きを親身にサポートします。

お電話

アイコン

0120-888-145

平日
9:00-
20:00

土曜
9:00-
17:00

お電話

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

アイコン

無料特典

ページトップへ戻る