相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

受贈とは

受贈とは

受贈とは、その字の通り、贈与を受け取る、寄贈されたものを受け取る事を指します。

法律上、その贈与とはどのように定義されているのでしょうか。

民法の第549条には次のように定義されています。

『贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。』。

つまり、民法により規定されている贈与とは、ある人が自分の財産を無償で他の人にあげるという意思を示し、受け取る側がそれを受け入れた場合に出来る契約の事を指しています。

その際に、特に書面による証明は必要ではなく、両者の意思だけで成立します。

では、もし海外在住(住所も日本にない場合)の日本人が財産を受け取る場合は、その財産に対して税金は課せられるのでしょうか。

もしその受け取る財産が日本にある場合には、その財産に対して税金が課せられます。

さらに、その人が、その所在が日本でない財産を取得する場合にも、その人がその贈与を受け取る5年以内に日本に住んでいた場合には、その財産に対して税金が課せられます。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

いろいろお世話になり、ありがとうございました。

初めての相続手続をおまかせして、私達のつたない質問に丁寧にお答え頂き感謝して居ります。 相続税申告書の書類を各人に頂きまして有難うございました。

この度は、父の相続の件で大変お世話になりました。初めて家に来て頂いた時から、とても丁寧に説明して下さり、安心してお任せすることができました。 初めての経験で専門用語も多く、自分達だけでは理解し先に進めていくのは容易な事ではなかったと思います。相続書類 […]

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る