相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
相続税の税理士法人チェスター相続税の税理士法人チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

外出せずに面談ができます!
電話会議での面談を受付中! 詳しくはコチラ→

お客様のご要望に応じた各種プランをご用意しております。

遺言書で臓器提供できるか?

遺言書で臓器提供できるか?

臓器提供の意思表示は臓器提供意思表示カードを利用するのが一般的ですが、最近は遺言でも臓器提供や献体などの個人の体についての意思表示ができるようになりました。

ただし、実際に臓器提供が行われる場合には家族の同意が必要ですから、生前から家族に自分の意思を伝えて理解してもらうことが必要です。

そのうえで、公正証書遺言を作成します。

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書のことで、この方法で作成された遺言書は有効性が確実です。

遺言で臓器提供の意思表示をする場合は、明確な言葉でどの臓器を提供したいのかを記さなければなりません。

では、どの臓器を提供できるのでしょうか。

移植のために提供できる臓器は、心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球などです。

使える臓器や組織すべてを提供したいときは、「すべて」などその旨も公正証書遺言に書いておきます。

なお、臓器提供に関する遺言は、脳死後いち早く発見されなければ移植が手遅れとなりますので、財産に関する遺言とは別に作っておき、すぐに発見されるようにしておきましょう。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

はじめての相続でわからない事だらけでしたが、細かな疑問にも対応してくださり安心しておまかせできました。 不動産の登記についてもワンストップで行なえて、たいへんスムーズでした。ありがとうございました。

次回、親族に相続が発生したら連絡させて頂きます。よろしくお願いします。

「相続どうしたら・・・」という方にご紹介させていただきます。 ありがとうございました。

カテゴリから他の記事を探す

お問い合わせはこちら(満足度96.6%)

0120-888-145(全国6拠点)

※お近くに最寄りの拠点が無い場合でも相続税申告を承っております。

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

お問い合わせは0120-888-145(9時-20時)まで

お問い合わせ先

0120-888-145

【平日】9時~20時 【土曜】9時~17時

ページトップへ戻る