相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ

年間相続税申告件数 1210件(平成30年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

遺産相続の証明

遺産相続の証明

遺産相続の証明

遺産相続は被相続人の財産を相続人で分配し、それぞれが相続税を納税するだけではなく、被相続人名義のものを相続人の名義に変更する手続きも含まれており、そのすべての手続き完了をもってして遺産相続の終了となります。

不動産、保険、有価証券、自動車などの名義変更ではその財産が被相続人の死亡により相続されることを証明する書類、申請者がその財産を相続することになっていることを証明する書類などの提出が必要になります。

具体的には被相続人の出生から死亡までの記録がある戸籍謄本、除籍謄本、相続が開始し、誰が何を相続するのかが記され、法定相続人全員が署名・押印した遺産分割協議書、誰が相続人であるかを図式化した相続関係説明図などがそれにあたります。

被相続人の死亡により凍結された銀行口座から払い戻しを受ける際もこれらの書類の提出が求められます。

これらの証明書により、金融機関は相続人間のトラブルに巻き込まれることなく払い戻しの手続きを進めることが出来ます。

 

 

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

知識豊富で柔軟性のある担当者でした。

不足資料、わかりにくい資料が多くあるため大変だったと思います。親切に作業していただきありがとうございました。大変満足しております。また、何か有りました時は、宜しくお願い致します。

電話、メールでの対応が、きめ細く満足でした。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る