相続税の申告・相談なら年間申告実績1,000件超の
相続専門集団におまかせ
税理士法人 チェスター税理士法人 チェスター
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
年間相続税申告件数 1,358件(令和元年実績) 業界トップクラス
お電話

お問い
合わせ

傷害保険にかかる相続税

傷害保険にかかる相続税

一般的に、多くの人が必ずと言って良いほど加入している傷害保険。

その補償内容は多岐に渡り、死亡から手術、通院や物品における損害など、様々なケースを補償してくれるとても便利な保険です。

最近では様々な保険会社が多様な商品を販売しているため、競争も激しく、サービスはより周到になっている印象を受けます。

では、もしも傷害保険の被保険者が死亡してしまったことにより相続人が保険金を受け取る事になった場合の相続税はどのようになってくるのでしょうか。

基本的には、相続人が保険金を受け取ると、その受け取った保険金は相続財産としてみなされるため、相続税が課税されてきます。

ただし、受け取った保険金の中には非課税となる部分がいくらかあるため、一般的に多くの場合は相続税が免除されることになるでしょう。

また、家族の死亡によって相続人が受け取った保険金をそのほかの家族が取得した場合は、被相続者から直接受け取っているわけではないため、贈与税が課税される事になります。

\相続税のプロ、相続専門の税理士が対応します!/

今まで見たページ(最大5件)

関連性が高い記事

相続税申告をご利用されたお客様の声の一部をご紹介します

自分たちでは思いつけない一番良い方法を提案していただき、とても自分たちでは作成することができない、申告書を作っていただき手続きしてもらって助かりました。ありがとうございました。

接客対応が良いですね。私も営業職を37年間やってきましたが、非常に良い対応をして頂きました。ありがとうございました。

相続税の手続きについて依頼させて頂きましたが、説明がとてもわかりやすく、金額面でも満足しています。

カテゴリから他の記事を探す

土曜・夜間も面談受付(訪問対応も可)

0120-888-145
※全国6拠点

0120-888-145 ※全国6拠点

受付時間:平日9時~20時、土曜9時~17時

※ お電話の際は、「個別相談会の予約をしたい。」とお伝えください。

今すぐお問い合わせ

0120-888-145(全国6拠点)

【平日夜間・土曜・訪問対応も可】

平日9時~20時、土曜9時~17時
電子メール:info@chester-tax.com 携帯・PHS OK

ページトップへ戻る